Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yaruryu.blog.fc2.com/tb.php/634-e6b9c4fb

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

~宣言~ できる夫は後悔しない為に悪魔と契約したそうです。


685 :顎鬚 ◆7to1hqDehs:2014/03/21(金) 16:46:30 ID:1X6iIFDc0













              ――― ボクの人生は、碌でもない物だった ―――













.

686 :顎鬚 ◆7to1hqDehs:2014/03/21(金) 16:46:51 ID:1X6iIFDc0



.       ┏                .. ┓
.       ┃   ボクは流されている  ┃
.       ┗                .. ┛







                ___
              , ´      ` 、                 ――― 流されるまま受験を受け ―――
             ,. '           \
            〃              ヽ
            ,′               ',
          i   ___ヽ   ノ____    i    ――― 流されるままに大学に通い ―――
          |   ( ●)   ( ● )    |
          :、  `== ´    ゙==´   /
           .ヽ.    _´_      イ
            `::...___        z≦彡
            イミ ー ̄フ二 ̄´_〆゛ゝ
            ん_ = ー三 イ、____ゝ
            ./. .i   }       〈//∧      ――― 流されるままに生活してきた ―――
           i  |   |       ,: ∨/∧










::::○゚o:::::::。:::゚::::o○:::゜:::。:::o゚:::::::o:::゚:::::。::::゚::::。○。 o゜::::::o゜::゚:::::o。::::::::::::::::゜::::o::
:::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚::::o:::::::::::::o::::::::::::::::::゚:::::::::::::::o::゚:::::::::::::::::o::::::::::::゚::::::::::。::::。


                     ――― そして、気づいた ―――

                    ::::::::::::o::::::::::::::::::゚:::::::::::::::o::゚:::::::::::::::::o::::::::::::゚::::::::::。::::。:::::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚:::::::::o::::::::::::::
                    :::o゚:::::::o:::゚:::::。::::゚::::。○。 o゜::::::o゜::゚:::::o。::::::::::::::::゜::::o:::::::○:::::゚::::゜ o::。:::::::o::。 ::::::::::::::::::::



                                            ┏                   .┓
                                            ┃.  ボクは何もしていない  .┃
                                            ┗                   .┛







                                                        __
                                                        ,..-''"´     `"''-、
                                                       /            \
 ――― 何も選んじゃいない ―――                               /              ',
                                                  ,'          _x≦   l
                                                     l            ' ゞソ}  ク
            ――― 何であの時、『こうしなかった』んだ ―――      l           `  ´  ,
                                                  '.,            、_  /
                                                      ヽ、             /
                                              ノ" ̄´´" ̄"' - .,_ ..,___/ヽ
                                              ゞ/:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:/
                                             ,/´ ̄`,;_:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./\
     ――― ・・・もし、あの時こうしていれば・・・ ―――






.

687 :顎鬚 ◆7to1hqDehs:2014/03/21(金) 16:47:26 ID:1X6iIFDc0






               __
          _..-''''゙゙゙´     ゙゙゙゙'''ー,,、
        ./              \
       , '                  .ヽ     .┏                             .┓
      ./       -──    ─-  '.,      ┃    .こうして、ボクの中に 『後悔』 が生まれ    ┃
     /       {{ ___,jl  {{__}}   '.   ..┃                               ┃
   . .,'        `┴---┴´   '┴┴´  .l   ..┃       『後悔』 が胸を埋め尽くす         ┃
     l    .                  .l    ┗                             .┛
     .'.,               ′     .,'
   .   ' ,          ―‐-     /
        ゝ、               /
       | ̄ ̄ ̄ ̄l     .-┬'''"´|
      /\     ̄\     .| / -.、
     /          \    / ゝ   ヽ
   . /.             ` y '         ',
   /                         l











.┏                                 .┓
.┃. でも、そんなボクも、街である少女を見掛けた時に、...┃
.┃                                    ┃
.┃          微かな 『願い』 が胸を掠めた         .┃                     /                    、
.┗                                 .┛                  /                      ヽ
                                                   /                    /  :.
                                                      /                   /     、
                                                   /             /       /¨ ‐-  }
                                                /         /      /       `〉
                                                   /           /         /       /
                                                /         /          /:`テー-...__/
                                                ,      -‐   ´         // }:i:|: |:/
                                                :                  /|'   |;イ|/|{
                                               /                     ' |_{ 〃 ヽ、
                                            /                      |´  /
                                            /                   |
                                            /                 i   |
                                            '                  l   ハ    ,-、
                                           ;                    l  ,':l:|_.,-./}  lヽ
                                          /                   l  i :l:|/ ヽ/ ./ /、
                                         ,'                       |   l ̄ ̄`ヽ、 Y /

.

688 :顎鬚 ◆7to1hqDehs:2014/03/21(金) 16:47:47 ID:1X6iIFDc0









                          ┏                .┓
                          ┃    ―――そして・・・  .....┃
                          ┗                .┛






























                       ┏              ハザマ .  ┓
                       ┃   『後悔』 と 『願い』 の間に  . ┃
                       ┗                    ┛


                                 . ⌒ヽ
                               { ィ==、.'.
                                    '.{圭ニハ'.               .,ー
                  . - ミ           V圭ニ{ '.              ,r'  ::::`,
                     {  ィz.\          V圭ニ .}             .(   ::::i_
                   '. {圭tz ヽ         {圭圭.|            ト  ..:::::::}-、
                   \`寸圭t.\       {圭圭'.            .j .:: .::: .::⌒)
                        ヽ`孑圭z \     '圭圭.}           .r'⌒`:::.__..::.   .::´ ̄`)
                      ` 、寸圭z、ヽ    }圭圭'.       ,- _)  :::r: : :.ヾゝ⌒'r:: :ノ
                          ` 、孑イz\    !圭圭゙.        (,  ::..:: :::!、  ..::::::.. ::Y
        ー、                    ヽ`寸圭\_ ,ハ圭圭ハ      .メ --ー´  ::  _:::;,ノ
       /::  ヽ..―‐- . _            \寸圭ニ彡夭圭.八..-=-=_ --ー´'r-、_ノ´
       j::::   ).(圭圭≧ニ=- ̄二ニ=- ._ノ)、圭圭圭圭圭: Y
    r-、{:::::::..  イ ゙ <二三圭圭圭圭圭≧ニ=‐゙圭圭圭斗圭圭y∧
   (⌒::. :::. ::. j          . ̄¨ ==ニニ、圭圭圭,.ィ聿圭圭圭豹.ヽ、
(´ ̄`::.   .::..__.:::´⌒ヽ               },圭圭圭圭圭圭圭圭圭弋\
 ヽ::r'⌒ヾヽィ.: :ヽ:::  (_ -、     _ . . ≦夭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭z`z―、__
  Y:: ..::::::..  ノ::: ::..::  ノ. ..≦z=圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭!圭{圭≧=≧- ._
   ゝ、::_  ::  `ー-- イ{ 圭圭沙ニ=‐''´゙ー―、寸圭尨>≦圭圭沙个ー-<圭圭圭圭) ヽ
      `て_,-r'`ー-- _=-=-          ≧<_..イ           ` =――‐ ′



                       ┏                     .┓
                       ┃    『魔の手』 忍び寄ってきた   .┃
                       ┗                     .┛


.

689 :顎鬚 ◆7to1hqDehs:2014/03/21(金) 16:48:17 ID:1X6iIFDc0




                     ――― 私はこの三日間で ―――


             __ _
          ,      ` 、    ――― 必ずやり遂げる ―――           -  ‐  、
           /                                           '       \
           ′        ’                                   ::::.        丶
         l           l                                ::::::::::::....` ´ - -
         \         ,ノ                                 :::::::::: :::::   ‐z::.ュ
           /三三三三ヽ                               ::::::::::::::::::::        /
..        ,.  ´三三三三三三`  ――― また、後悔しない為に ―――     .'.::::::::::::::: :   ,   , '
     イ三三三三三三三三三三ム                              、::::::::::::  ̄   イ 、
.     /三三三三三三三三三.三三.辷}                          : : : : ::::::::: : . . .;  ////ツt 、
    |i三三三三三三.三三三.三三.i//|                          : .' : : : : : : : : : 、 / / |/////// ュ 、
    |i三三三.三三三.三三三                                : : : : : : : :.::::::::.\/ ,|///////////z 、
    ト、三三三.三三三三三.  ――― 後悔の人生を続けない為に ―――  : : : :  `: : :/   |////////////∧
    |/|三三三三三三三三三                              .: : : : :   : : |    |//////////////!
..    l/|三三三三三三三三二ニニ i//,′                    : : : : : : : : : : : : :   : : |    |//////////////!
    |/i三三三三三三三二二ニ 三Ⅳ                       : : : : : : : : : : : : :   : : |    :∨////////////!
    |/|三三三三三三二二ニ_                             : : : : : : : : : : : : :   : : l    : : ;////////////!
                    ――― 例え・・・命を掛けてでも ―――
















                 ――― 例え・・・悪魔と契約を交わそうとも ―――















.

690 :顎鬚 ◆7to1hqDehs:2014/03/21(金) 16:48:44 ID:1X6iIFDc0













             ―――できる夫は後悔しない為に悪魔と契約したそうです。―――















   辺境にあるやる夫板にて、本日20時00分から投下開始予定。

   スレッドURL : ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/16195/1395387246/

   全7話の短編予定。 詳しくは上記URLより、詳細をお読み下さい。

.

691 :顎鬚 ◆7to1hqDehs:2014/03/21(金) 16:49:44 ID:1X6iIFDc0
以上となります。
もし宜しければ当スレまでお越し下さい!
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yaruryu.blog.fc2.com/tb.php/634-e6b9c4fb

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。