Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yaruryu.blog.fc2.com/tb.php/575-aa27cb2f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

~宣言~ やる夫の新大陸開発記


778 :名無しのやる夫だお:2014/02/08(土) 21:41:38 ID:WP4UzVzc0

                      __
                 _.. -''''゙゙゙´    ゙゙゙゙'''ー,,、
              _..-'″             `゙'-、、
            /                    `''-、
          /                          \
         /                              \
        /                               \
       ./                                  ヽ
      ./                                     ヽ
      !                                    l
     .!      `'ー ,,_                  _,,,___         !
     |     -.、   `''ー ..,、        ....ーー''"´   ._,-         !
     l         广''┬--v-‐.        .'i-----r‐''゙]         i!
   ,..-'".l      ヽ,、.ゝ-'゙ _./         ヽ_.゙ー'" ./         ,l~ ..,,,
  ´    ヽ       .`゙゙゙゙゙./             ヾ゙゙゙゙゙゙゙          /     ゙゙'-、、
       .\       │                l              /
        .`'-、,     ゝ..____,..-ー ._____ノ        ,..-'´
           `''- ..,_ .、,__,___________..,_ .、,__, -'''"
 
               【王国貴族 やる夫】

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
船の上、薄闇の水平線をじっと睨み付ける男が一人。

下流貴族、ニューソク・デ・やる夫。
彼はつい最近まで、軍部のエリートとして生活してきた。

それがなぜ、このような開拓船に乗船しているのだろうか。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

779 :名無しのやる夫だお:2014/02/08(土) 21:41:56 ID:WP4UzVzc0


                         ||{}i        i{}||
                         ||{}i        i{}||
                         ||{}i        i{}||
                         ||{}i        i{}||         ,. '"´ ̄ ̄``ヽ、
                         ||{}i   〃`'''ヽ i{}||       /.:.:.:./```ハ.:. :. :.:. ``ヽ
                         ||{}i    {{ ` ,'' }} . {}||      ,.イ.:.:.:.ノノ   /ハハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                         ||{}i   ,.ハ`ニ' ノノ i{}||     jハ.:.:,ィイ   ′  ヾ.: . :.: .: .:ヽ
       ,. '"´  ̄`ヽ  ̄`ヽ          ||,r‐‐ ' li.:.:.:.:./ム i{}||      ヾ{ 二ヽ ー='´__  ヽ.: .:.lii.:.:.i
     /        \  \      /     VハハV  ̄`ヽ     /:,′ ¨7  ``  ̄``  V.:lii.:.:.:l
    /           ヽ  ヽ    /   ,.ィつハハハ   リ  '、   ,'.:.{   〈 .. .,、      ハ:.:.:.:.:.ヽ
  / /        ,r'ニミ彡ミヽヽ.   /  _,ム/  ソll: :::ll  /   i   {.:.:.!  ,r=== 、_,    ハl.: .: .: .:.ヽ
 / /        ,.ィ彡'     ',  ',  L ____ノ´  ll::::::ll,. イ   l   l.:.:.l  ヽ ___ノ  , '  _ ノ.:.:.l.:l:.:l:.:l!
 .:/      ,.ィィ彡'′      l l l l  (  ()   /.:.:ハ.:/ Vノノ イ    ',.:.:.',        /,.: .:. :l .:l :. :/
 /.:/.:/.:.:./ 乍彡'、、、,,_     ,,,,,iソノノ   /.:.:.:.:`V:.:.:.:.:./ハハ/.:.:.:.:.:!      ヾ.:ヽ    __ /  i.: l:l :l: :l: /
 VV/.:.:.:ヽU〈   ==`′ ,r==イjjjj!    l.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l      ヾ「¨¨¨´     .: .: .l :/
  ``ヾ彡'ゝ1     "´ l!  ノソソ     ヽ.:.:.:.:.:ノ`Y´YY ハ.:.:.:.:.:ノ      / L    ,. '´  ``く
  , .ィ 〈   {      ,__」  /        l  ',.:.:ノ________/⌒7  _ _,.. イ  /⌒ヽ"´      /```'''''
 .:.:.::l  ヽ  ヽ    r---ァ/         l   l     ,.ィ "´. :. :. :. :.: .:l/     ヽ    / . :. :.: .: .: .
 .:.:.:.:l   \.  \   `ニ./.:.:.`丶、       ',  l    /:./. :. :. :. :. :. :. :./       ヽ /. :. :. :. :. :. :. :. :
 .:.:.::.:l     \  ヽ __/.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:`丶、    i.  l.   /.:/. :. :. :.: .: .: .:/        ,. イ. :. :. :. :. :. :. : .: .: .:
 .:.:.:.:.:l      \_/  l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:lヽ   l  l  /.:.,′.: . :. :. :. :. :.`7~~~~~~~~~~~~ト、/.: .: .: .: .: .: .: .: .: . :.
 .:.:.:.:.:.ト、    ,.イ((  ハ l.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.r==== ∩、 /.:.:,′.: .: .: .:. : .:. `7ーー ー ー ーー ーV.: . :. :. :. :. :. :. :. :. :. :
 .:.:.:.:.:.:l \/// `ー' V.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\     l lノ.:.:.:.:.i .: .: .: .: .: .: .:.:7ーー ー ー ー ー ーV. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :
 .:.:.:.:.:.:.l   //     ト、..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:( ̄`ヽ ,.イl.:.:.:.:.:.:l. :. :. :. :. :. :. :. :7~~~~~~~~~~~~~ V.: .: .: .:. :. :. :. :. :. :. :


・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

始まりは、上流貴族の増長だった。
長い建国の歴史が腐敗を呼ぶ。
どの国でもありそうな、ごく一般的な流れであった。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

780 :名無しのやる夫だお:2014/02/08(土) 21:42:18 ID:WP4UzVzc0

    __/.:::::::::::::::::::::::::...ヽ
   x`.:::::>-'''''''''''''''ー<.ゝV
   >  fナーヽ ナーヽ∨; i
   \  |l  ・  }{  ・  } }::!!
    `h/ゝ __ ノcゝ __ノ\, 、!
      |;{          ヾ ! ノ
     `ヘ   ー-./\  j゙
        ゞ、   ノ  ゞ__
    _ イ }`ー{, ーイf::. ヽ、
    ゝ _、(  ナ´.:.:.:{.:.::. ゝヽ
     ,ヘ´.:.:ヽイ´.:.:.:.:.:i!.:.:.:::.._(
     メ.:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}.:.:/ ∨
   /.:.:.:{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i∧


::::::,イ'¨¨¨¨¨¨¨'''"""'''゙""""""""゙j::::::::::
::::|           _,.. --  、  j::::: :::::
::::| ____    イ   ,_ `ヾ___止--
:::::´/    `  xi  ´,イ  ̄ゞソ .|>´∨:
ヘ,| l<´ ̄℡ッ、|≠j|ヾ´ー  ̄´´ . j  ヾ
 ト'. メ  ̄ ̄ .jヘ ヽ       メ
 `ヽー―― `∧    -  --     _
   `∧      !       ┐  j 「
     ヽ、     k    _    /  |
      \  -‐=ニ ¨-´   /   ト、
        \        /  ∨∧
         ヽ     . <    /  j
           `ー―´    /  .ノj
      【国王 ノヴィ・ノビタ】


・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
国王は初めこれを甘んじて受け入れていたが、
年を経るたびにその内心は黒くゆがんでいった。

そして、ついに事件は起こる。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

781 :名無しのやる夫だお:2014/02/08(土) 21:43:15 ID:WP4UzVzc0


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... . . . .  . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ....::.:|:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::: : :: : ::
 ....::.:|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :《》: :《》: : : : : : : : : : : : : : : :
 ....::.:|                                       《》 《》
 .....;::|                         ,.、t''T叮了丁丁Ti¬-、      《》 《》
 .....;::|                       ,.<ヽ>‐ ´ || ̄|| ̄||`^''く,r`>、    《》 《》
 .....;::|                     .,心>イ'__||_||_||_||_||__ヾk,. ヘ   《》 《》
 .....:::|   ;; : . .    , ;..      ム,.//' ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||;V‐''',   《》 《》
 .....;::|                    |ニ:!;{_||_||_||_||_||_||_||_,lYニl   《》 .《》
 .....;::|        ;::. .        ├'"!´|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||`|''r┤   《》  《》
 .....:::|                     |-ー||]|_||_||_||_||_||_||_,|ー-|   《》.  《》
 .....:::|                     |-ー|´|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||`|ー-|   《》  《》
 .....:::|               ` ;   |-ー|_,||_||_||_||_||_||_||_,|ー-|   《》   《》┨
 .....:;:|. `  .  .         .,     |-ー|´|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||[|ー-|   《》  《》
 ..::::::|              . ; '  |-ー|_,||_||_||_||_||_||_||_,|ー-|   《》.  《》
 .....;/|    `;        .  _, ,..-‐|-ー|´|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||`|ー-|   《》  《》
 .....:l i.      .,  ;.. . ._ "__,|..-‐'|-ー||]|_||_||_||_||_||_||_,|ー-|   《》 .《》
 .....;:lノ. ; '  _,,..-ー.'"l_. ._ l,..-‐; |-ー|´|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||`|ー-|   《》 《》


・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
国王は突如として貴族の大部分を捕縛、大部分を監禁・粛清したのである。
ろくな調査も行われず、ただただ、死体が積みあがった。
国民は初め、腐敗した貴族の衰退を喜んだが、次第に国が不安定になると悟った。

このままでは国が滅びる と

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

782 :名無しのやる夫だお:2014/02/08(土) 21:43:40 ID:WP4UzVzc0
                        ___
                    ,..-‐'"//////"'‐-、
                 ,,ィ/////////////////>-,、
                ヽ////////////////////////:\
              ,-'〃、^゙゙¨¨¨¨¨`ヾ////////////////;ヽ
             / ./ j ヽ      ヾ////////////////i
                i  / /  '"', ,- 、     7///////////////7
                  i.〈 ‐- ∠i_   ,  /////////////////;i
               〉`" fiLフ '"  `゙''ー-////////////,i
                 /   `'ー        ',///--、、////;i
                 ,'              |://  i/////i
                  く                ii i,  ///////i
               フ,,,,        /  = ///////'"i
               ヾjjjjjjjj、      i    i-'"///'" ==i
                   〈,,  jjj、 ヽ,   i     .,'   ',, -', -‐'"|
                   j       〉  '  __ノ ,--'"      i
                    〈        -‐' '"      , -‐'" ヽ
                  ヽ---'"ヽ,i\      , -‐'"      \
                       \ ',  ,-'"
                            /|_,i-、
                    【王国軍 将軍ブラッドレイ】
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
国王の凶行はやる夫にも及んだ。
父であり、軍部を束ねていた将軍ブラッドレイが粛清されたのである。
取り潰しこそ免れたものの、やる夫は最愛の家族を失った上、
貴族、軍人としての地位の大部分を失った。

次は自分が粛清される番だと、覚悟を決めた。
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

783 :名無しのやる夫だお:2014/02/08(土) 21:44:03 ID:WP4UzVzc0


                    / ̄ ̄\
                  /   ,ノ ヽ、_
              |    ( ●)(●)
             |     (___人__)
                  |        、'
                 |       |
                }._\     , |
        .__ __ ,.〈\\>ニニァ´
       /: : < : : : : : : \  /゙i ゙i、
      , ' .: : : : : : : : : : :l: : : .∨',:::::ト|゙i \_
     .{ : : : : : : : :゙i : : :」 : : ::', Y´゙i. |: : : : .\
      |: : : : : : : : :\ : : :\ : ',|::::::i |: : : : ',: : `,
     ', : : : : : : : : : | : : : : : : :.',:::::゙i|: : : : . ',: : }
       (,:/:/ニ`ン---r : : : : : ',::::| : : : : : ',: : ',
        `: ´ : : : :V ,r'二ヽ_: : : : :',:|: : : : : : ',_,rー'、
       {∨ : : :└」_,r' 二 ヽ: : : : ',|.: >< ̄\.: \
       {: ∨ : : : : :」.ゝ-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄: : : : ゙i ム: : : ' ,
         l: : ∨: : : ./: : : : : : : : : : : : : : : : 、/: : : : : : }
        }: : : \ : : : : : : : : : : : : : : : /゛ ̄: : : : : : : :, '
           【王国貴族 やらない夫】

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
そんな失意のうちにあったやる夫に声をかけるものがあった。
中流貴族ヴィップ・デ・やらない夫である。
粛清を断行する国王に表向き忠誠を誓うものの、裏では密かに活動しているという。

話はいたってシンプルであった。
やらない夫の権限でやる夫を最近見つかった新大陸の総督として送り出す。
やる夫は新大陸でクーデターの基盤をつくり、やらない夫は宮廷で工作をする。

内側と外側から宮廷を打ち崩す・・・
常人には狂気の沙汰ともいえる提案であった。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

784 :名無しのやる夫だお:2014/02/08(土) 21:44:30 ID:WP4UzVzc0

                          -‐ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヘ
                      /´             ヘ
                   /´                `ヽ、
                      /                     \
                   /     /                      ヽ
                 /     /..、   ヾ  〃                i
                   /    ノ{:;:;:;:}    ii  〃             i
                   i    ゙´ { ゞ'"    ツ   /               i
               /`     ゝ    ´    /            /
                    /i       ヽ       /               /
                   i i         }       三         ,../
                   i \____ノ       "____   イへ__
                \             _,ィ"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                    \          i´ __,,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
                     ‐- ____ iヽ! <_ 〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
                            i ヽ   ! .',  !∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
                       ! ヽ  .! ', >__〉:::::::::::__,::::-―'" ̄ ̄ ̄⌒ヽ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
クーデターの話自体に嘘はない。冷静に見えてあちらも焦っているのが見て取れた。

そして、やる夫には男のもう一つの魂胆も理解できた。

「クーデターが成功しなくても、開拓地を反国王派のセーフハウスとして活用する」
「いざとなればクーデターの全てはやる夫の独断と切り捨てることも・・・」

・・・しかし
やる夫にとってこの提案はまさに渡りに船であった。
粛清を逃れつつ、力をためるためには絶好のチャンスだったからだ。
やる夫は即答した。 迷っている暇はない。

例えそれが地獄の綱渡りになることを承知の上で・・・

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

785 :名無しのやる夫だお:2014/02/08(土) 21:44:53 ID:WP4UzVzc0

【新大陸周辺海域】
          ___
        /     \
      /⌒   ⌒  \
     / (●)  ( ●)   \
      |    (__人__)      |
     \_  ` ⌒´    __/
     /´:::/ヘ;;;/∨::\::::::::`ヽ
     i:::,::>:::i/;;;;i /:::::::く:::::::,::::::ヘ
    {:::i::ヽ::i;;;;;;;/:::::/::::::::i:::::::::}

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
「ま、今はやることをやるだけだお」

やる夫のクーデターは今このときより始まる。
太陽の光をバックに、ようやく見え始めた新天地から・・・

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

786 :名無しのやる夫だお:2014/02/08(土) 21:46:03 ID:WP4UzVzc0
--------------------------------------------------------------------

【安価】やる夫の新大陸開発記【クーデター】

やる夫は列強本国から派遣された開拓地のリーダーである。
いずれ本国にクーデターするのが目的だ

クーデターの手段は大きく分けて2つ

1.開拓地を発展させて資金をため、政治工作する
2.開拓地に生息しているモンスターを討伐、名声を得る

知略と武勇で政府転覆だ!

EX板で2月9日19時からスタート予定!

---------------------------------------------------------------------

787 :名無しのやる夫だお:2014/02/08(土) 21:46:21 ID:WP4UzVzc0
以上です

788 :名無しのやる夫だお:2014/02/08(土) 22:00:02 ID:mte8QBrA0
ほー楽しそう
武勇って事は討伐で経験値ためて反乱軍の指導者にもなれんのかな
戦う者の歌が聞こえるかー

789 :名無しのやる夫だお:2014/02/08(土) 22:04:59 ID:WP4UzVzc0
経験値システムは搭載してないのと、
もともと軍人の家系ですから、
レベルアップ系ではないです。

お金をためて私設軍を編成するお仕事ですな

790 :名無しのやる夫だお:2014/02/08(土) 22:05:44 ID:WP4UzVzc0
あ、そうか

”ジャンルは経営シミュレーションです”

791 :名無しのやる夫だお:2014/02/08(土) 22:36:56 ID:2HhC//qM0
独立して王にもなれるな
夢が広がるw

792 :名無しのやる夫だお:2014/02/08(土) 22:39:45 ID:wQYbU7Ds0
乙でしたー
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yaruryu.blog.fc2.com/tb.php/575-aa27cb2f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。