Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yaruryu.blog.fc2.com/tb.php/570-0702cb3b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

~宣言~ できる夫は1000年前からの来訪者のようです


696 :名無しのやる夫だお:2014/02/03(月) 00:54:53 ID:fISQLpVM0







┏システム┓
┣━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃皇紀3xxx年、人類は大きな転機に立たされた、ロボットはついに、人間の特権でありロボットに唯一優越していた
┃要素、『人類特有エネルギー』を手に入れることに成功した、それはロボット工学者に喜びを
┃それ以外の人間に、大きな不安をもたらした
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






,

697 :名無しのやる夫だお:2014/02/03(月) 00:55:37 ID:fISQLpVM0
\  \\           /    /
  \  \              /
      丿    __  _
      l ,.r'¨       `ヽ、
      冫 {⌒ヽ、 、      ヽ
     / `r'≧、 \ ヽ、 \   `ヽ
      ´{ /{/⌒ ヽヽ  ゙ヽ\   ヽ
     {  ハ!     \ / l ヾ}  }        ロボットが世界で一番強いなんて認めないよ!世界で一番強いのは人間であるべきなんだ!
  ⊂  l.  l     、/_\ l冫ヽ ミil
   ゚  { {.个==ゝヽ__ ヾ´ ㈱` 人/ヽ li}        こうなったら正義の名の元に電子機器から改造人間に置換した軍隊を作ってロボットを使ってるやつを
     ノ {ハヽゞi´㈱ ll``弋卅ソ {  l
      リ夂 ゝ=〝´l  〝≠   _ノ        全部やっつけてやる!
   ((     ヘξ  `   'ヽ∪丿ソヘ´ ´ヽ
    \    丶 。 ヾ´ 丿/ / 小::::::::`\
           ヽ    / /   ∧´::::::::::::::ゝ
           ,〆r:`〆:\<   / (:::::::::::::::::::::::::)´`ヽ
        ノ/::::::::::::::::::/ ソ 人/ 〆::::::::::::::::::::}     \
       /´ {:::::::::::::::::://:^:::::( /{:::::::::::::::::::::::,r'
      /  ,r':::::::::::::ヽ {::::::::::冫 ε::::::::::::::::::::::)
      {  7:::::::::::::i γ::::¨Y、´r:::::::::::::::::::::::::::}
     /  (::::::::::::::::i/ l:::::::/ <   ` ヽ厂
      ゞ 冫;r-‐-'{ {//⌒ヽ
┏システム┓
┣━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃一番反応したのは元から特にフランケンシュタイン・コンプレックスが強かったアメリカ合衆国、彼らは『人間』
┃のみで形成された軍隊を結成して賛同しない国家を片っ端から潰していくという計画を打ち立てた
┃その名も『MAM(MAN-AFTER-MAN)計画』、軍隊の名は『MAM計画軍』
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

698 :名無しのやる夫だお:2014/02/03(月) 00:56:18 ID:fISQLpVM0
                 / ̄\
                    |    |
                  \_/
                    |
                /  ̄  ̄ \
               /  ::\:::/::  \
             /  .<●>::::::<●>  \
             |    (__人__)     |
             \    ` ⌒´    /
              /,,― -ー  、 , -‐ 、
             (   , -‐ '"      )
              `;ー" ` ー-ー -ー'
              l           l
【人類特有エネルギー研究所 入即出研究室室長 入即出オプーナ】


                                       ,./
                                       //
                                    ,  .′
                                     /  /
                                    /   ′
                             __ __ イ /´
                               // _〈  , "
                            / } }く_r_ァ゚._∧}
                        __   {乂ノ { ,. -、 7′
                  ,.。  ヱ∠_\__∨廴/ゝヘ_/{〉
                く            `ヽ ̄....二ニ=‐‐   ̄`ヽ
                   , ´ ̄\       /        __,,.. ∠___\
               /___,.  ァ〔:\____  '         ´ ̄ ̄ ̄  \  ̄¨  。,
              /´ ̄/   乂__アハ_____    /           \    \
                  ′ / ).:′      }了__ー< ̄丶> ,        ‘,      }
                     \    / イ人._ _ ̄ ̄\ \ >,       〈(⌒)___r 、_,′
              :,     __,..ィ  ,/.′___/ ̄ ̄\〉__   く/ `ヽ_____〉__/ /
               \    ___ノ  ′____,/`o。.__ \ ̄ヾ iレ、_〉}_____ イ,/
                  ̄ 〈¨¨¨¨}\  ∨ ヽ/`ヽr 、丶  :レヘ/ 〉   ノ
                      ‘,   \_ :{  {ヽ. ∧∧__/  ∨‐一
                    ‘     乂 \__{/'\人_}  }`ヽ/、〉
                       ̄`ヽ人__‘, \トv′ハ/ ̄\/}
                      【その愛機のガンメン ラゼンガン】
┏システム┓
┣━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃無論、反対勢力は現れる、進化を良しとし、それでも人類の可能性を信じる者たち、純粋に、ロボット文明を
┃手放したくない者たち、EU、日本、中国、ロボット関連企業の数々、そして人類特有エネルギー研究の中心である
┃『人類特有エネルギー研究所』、彼等は人類特有エネルギーの一つ『螺旋力』を原動力とした兵器『ガンメン』を開発
┃それをもってMAM計画軍と戦ったが…
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

699 :名無しのやる夫だお:2014/02/03(月) 00:58:06 ID:fISQLpVM0
            / ̄\                 ./
            /}    |               //
            // _/             //
           // _|__            //
           /:/      \         //
        / /:/ _ノ  ヽ__\      //
      /  /:/ (○)  (○) \   //
      |  /:/ u (__人__)    | //
      \ /:/    ` ⌒´   /∠ -‐   ̄_>
   _  ノ V         ./∠ -‐   ̄
  \/´     ソ_ヽ    く/ ヽ
__|    l   .`ヽ、`ヽ、 _ _______
――ヽ         .丶、丶、___ __ _>
    ヽ           丶、\
                   ̄
┏システム┓
┣━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃地球付近で行われた大規模宇宙戦争の結果MAM計画軍と相打ちになる形で壊滅
┃両軍の残骸は質量弾と化し地球はアメリカ含め汚染と破壊に包まれた、そして…
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

700 :名無しのやる夫だお:2014/02/03(月) 00:58:33 ID:fISQLpVM0
     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


                         へ、
                    -‐==‐-ミノ/⌒ヽ
                /        `ヽ
              /   |   ∧/V⌒ヽ
.            || |L」,八/_」斗ヘ’ノ |  ',
            八|y=    イ示 Yrく.  |
            | :|l[リ   ヒ'ノノ | い)、|
            |八'''   ,   ''' |  い)|
            | l:ゝ. ` ´  ..ィ|  /い)、
.             八」   えフア⌒jト)/  )ノー
              /   ノ[ノ^>‐く ーヘ.  \
          /イ l/ /(/⌒l⌒|\   } | |ー\
           |八 ./    |  V/  / 八|
             У)   ()  |・. /|/
             {        `l¨´
             \_`ヽr___,,ノ
                ├―|^゙|―‐{
              ,__|  :__{
              ∨/|  V//
                  ∨|   ∨_|
┏システム┓
┣━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1000年後、オプーナの子孫である少年は人特研の残した人類文明を保護するために作られたアンドロイド『ノノ』と
┃ガンメンの『ラガン』と『グレン』を手に入れ、MAM計画軍の残党と戦う…
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

701 :名無しのやる夫だお:2014/02/03(月) 00:58:49 ID:fISQLpVM0
               __
.───┐      / ...::::::..\
 ̄ ̄ ̄| |     /ヽ  ...::::::::::.\
      | |    ( ●)   ...::::::::::.\      と、それは別のお話
      | |    '___     ...::::::::::::::: |
      | |.     ー'  ......:::::::::::::::::/      私はエヒメでスカヴェンジャーを営んでおります『波速出できる夫』と申します
二二二 」 _ _ ゞ    ...:::::::丶
─┴┐ ⊆フ_)__./     ┌ヽ ヽ┐     私にはちょっとした秘密──隠しているわけではないんですが──がありまして…
二二二二二二l  /      |  |   | |
_l_____| /      |_|   |_|     おっと、ナレーターさんの仕事を取ってはいけないのでここまでです
  |       /  __,    ノ  |─l
  |───/  /lニ/   /二ニ luul.
  |    ___|  |  |   |_|.
 └─(    )(ニ|   |./二ニ)
      ̄ ̄  /   )
            `ー ´

702 :名無しのやる夫だお:2014/02/03(月) 00:59:26 ID:fISQLpVM0
      r‐ァ'ファ―,--、     
       { / //  / /`ヽ   
       l_{ !|  l / / ̄`フ  
       ` ̄`⌒ く__/ ̄`} 
           /)ノ、_,. -、j  
      _,.、--、‐ァく/  |  Ul  
   ,ィハLム>-┴ '   V´ ̄}  
.  /、/´          ⊂)-─{  
.   {、_{           |   ∧ 
   Vハ、        ∨ ̄ _入__,
   \ノ\_        ヽr'´  \ 
     ` <ノヌヽ.       \/ ̄_L、
         `Vtヘ        ∨ __ }
        彡ヒハ        ∨___ ト、
          ´}ミ|        }__ Y´
          に{        廴 `L、
           Vハ、__     人__,ノ` 0        5mm
.             \l{L{巡i辷tx'___,ノ   |―l―l―l―l―|
                _,ィ`ニf=≧x
              ,ィf {ヽソ    `》、
             イ_ト-'~´      Vj
             し´         寸
            ヒ}             }l
┏システム┓
┣━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃電子機器を使わない歩兵の強化方法を模索する彼らは過去に行われた研究に目を付けた!その研究は
┃『寄生虫バオー』!人間を強化するにはもってこいの生物だったがあくまで人間を使わなくてはいけない彼らは
┃その機能のみを抽出、見事人間に組み込むことに成功した!しかし、その理論実証体である青年が封切される前に
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

703 :名無しのやる夫だお:2014/02/03(月) 01:00:25 ID:fISQLpVM0
  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄ ̄  ̄  ̄  ̄ ̄  ̄   ̄ ̄
     ________ __ _
    ________ __ _           ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄  ̄  ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄
      /7 7 ``ヽニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
     |  l  |   l::!                   ‐ ‐─ ─ ──── ──── ─
     !/⌒L」_ノ::|           , -─┐        r::´`: .::⌒ヽ.,     . :. : .
   ,r‐‐r=======´ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄l〕  ノ:!         . ⌒ム __ .: .:ヽ _ ノ  : :. ´
  〔|__」6YO〕二二l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..rnnn二」 ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄〕:. :,j  '' ,,:: ::´ `: .::.  ' `:
   7.:::::::::.V二二フ.::::.ヽ_ __ ノノノソ[_」6YO」ニニl7 ̄ .::::::7 ⌒ヽ  ..::.  '' ,,:.::ノ⌒)  .:. :
  /.:::::::::::::.', /.::::::::::フ`ヾ::::::::::::::::::/  7.:::::ヽ_/.:.::::::::::::::::::/    ヽ .. ,,,;  ''     ``" ´
  〈.::::::::::::::::::V.:.::::::::::/::ヽ丿一'''''"´   !::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     - ─ ─ ────
三 ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::V三ニニ ニニ ニ ニニ',::::::::::::::::::::::/´ ̄
三三.:1::::::::::::::::::::::::::::::ノ三 二二 二二 ト、::::::::::;::イL _ _
     1::::::::::::::::::::::::::/ ニ二二二¨¨``ヽ /77¨¨¨"i´      ̄``ヽ  二 ニニ ニ二 二 二
   ,rrry::::::::::.:.、‐'孑           ',//  ;  | ィレ.:.:.:.:.:.   ,!   ‐  ──  ─ ─
  ////""´,    } }           | 1  ;  「  ̄   ̄7  〈
 .////   i    i レ   _,,,、、--イ   | l   ;  !       ヽ_」 __  __  ___
 LLL!    ;   ,レレ'''"´      〈.   l::l   ;  !      l::::::!
    i    .  ',         ト、_」::',  ; ,!       |:::::.ヽ┐
    |',    ;   i          l::::::::1::::L . ノ         ̄ ̄
    |::i    ;   |            |::::::〈   ``¨   ニニ ニ ニ二 二 二 二二  二二 二
    |:::i    ;   |         |:::::::::.`ー┐     ── ─ ──  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄
    |::::i    l   !         `ー── '
┏システム┓
┣━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃日米関係が致命的に悪化、研究所は破壊された、しかし理論実証体の青年は研究所直下に存在していた
┃地底湖…鍾乳洞に投棄され、見つかることはなかった…
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

704 :名無しのやる夫だお:2014/02/03(月) 01:00:51 ID:fISQLpVM0
            ____   _____
           /      \/        \      
          /⌒   ⌒        ⌒   ⌒\   
        /(● ) (● )       ( ●) ( ●)ヽ   
         l   ___'___             ___'___   |     
        \ `ー'´                `ー'´  /
         /                       ヽ    
         /                         ゝ、
        /´                         ヽ 
        l    i                      l  i
       .l    l                      .l  .i
       l    l                      l  .i
┏システム┓
┣━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃そう、この青年できる夫こそバオーとその宿主を兼ねる究極の戦闘生命体である!彼は1000年前の生活水準を
┃取り戻すため日夜戦うのだ!物語は既に始まっている!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

705 :名無しのやる夫だお:2014/02/03(月) 01:01:43 ID:fISQLpVM0
                             _ , . . ,
                             ,ィ : : : : : : ;. ,、
                            ,ュ'": : : : : : : : : : : ヾ、
                        ,イ': : : : : : : : : : : : : : : li
                           li: : : : : : : : : : : : : : : : : :il
                       ij: : ,ィ圭℡: : : :,ィ圭℡: :.l!
                          il!: : :ミ圭彡: : : :.ミ圭彡: :ij     以上だ、この作品『できる夫は1000年前からの来訪者のようです』は
                          li!: : : : : : : : : : : : : : : : : li!     私の作品『やる夫は『蚯蚓』と呼ばれるようです』の外伝作品だ
                         il: : : : : : : : : : : : : : : : : :li!     また、エロゾンビ氏の『やる夫はスカヴェンジャーのようです』の二次創作でもあるため
                         li! : : : : : : : : : : : : : : : : リ     それらの作品を見ないと分からないネタが多分に含まれていることを承知していただきたい
                         !il : : : : -=二三二=-: ::il
                       l!i: : : : : : : : :|||: : : : : :,''
                       i!l: : : : : : : : : ! : : : : : il!
                          iliミュ、: : : : : : : : : : : :li!
                        ij: : : : : : :≧: :≦ : : il!、
                     ,, ュ'イ: : : : : : : : : : : : : : : : : l℡ 、
                 ,, ュ '' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :゙ ュ 、
             ,, ュ '': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ゙ ュ 、
              ,,ィ'': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヾ、
            il!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヾヽ
              il!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :llil!
          il!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : jil!

706 :アンチスパイラル ◆mxbNMh16ns:2014/02/03(月) 01:02:54 ID:fISQLpVM0
終了、本作品はやる夫板EXにある『やる夫は『蚯蚓』と呼ばれるようです』スレの
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15257/1381852104/2418n-
から不定期連載中、今回立てた作品専用のスレは
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15257/1391350087/
だ、カオス系(アライメント的な意味でも、展開的な意味でも)の安価スレを狙っているのでそのつもりで参加してほしい
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yaruryu.blog.fc2.com/tb.php/570-0702cb3b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。