Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yaruryu.blog.fc2.com/tb.php/50-a018ff26

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

~予告風~ やる夫はイカヅチの御子になるようです


358 :名無しのやる夫だお:2013/09/07(土) 10:21:59 ID:DMRVvYrA0

、:‐'             _.,,,;..__,".゛ ............;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...`゙゙ '''''
  ._,,,.. i..-            ".┐...../ ;;;;;;;;;.... -ー.-==..i..;.‐‐-....l¬''''' .-―.
‘,゙v='´     ...、J-彡-ー'.....;;;;;;;;;;;;  ;:、;; :!;;;;/;..,ノ';.   ;;;;、;;.............'''-
'"゛ . _..-...゙´. ‐'~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;        !"  .゛  . /    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`...-、
.,./ ´;;;;;;:;:ー...;;;;;;;;                             ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;’
;;;;,,. シ";;;;;;;;;;;;;.,..- 、              、   、    ... "'\.   : ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:
ヾ,i".;;;;;;;;;;;;; ;;>''''''ーニニ`-“'  / ,. , i .` ヽ  ゝ ...l    . ゝ ゙、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:
..---―;;;;./ ,.;;;;;;;;;;;;;;;;;.....;:   ./ .,《 .l .,! .j  : '、  .l .′  ;;;;;;;'、 ゙ゝ-'゙'-、iィ==ニ∴
,,,_._./ ´- 、.,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.  .." .,i/ .i゙ .′";;;;.ゝ .l;;;;;;ヽ l ;:.;;;;;;;;;;;.\,,, / .;;;;;;;;;;;;;;;
   .''-、.;;;゙'-ミヽ........ -‐'フ’  l/ !;:;|  |:;;;;;; :、 l.;;;;;.ヽ ヽ .;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,ン'゙
     `''ー、.,,゙゙''―-'''";;;./ . ,i}゙ .|;:;!  |;;;;;;;;; .l ヽ;;;;..\ `ー. 、;;;;;;_,、.. -ー'"
          ´゙'''-- ./  / ...l .|;;|  l;;;;;;;;;;;. ゙,  l:;:,_iii、\,  ゝ 、
.. ''=ッr ...      ./ /,,_,ニト レ゙  l;;;;;;;;;;;;;; .l ..l.;:;. ..._.`''、. `''-、''''';;";'";″
 ...;;;´゙'″;;;;;~''ー.. ./ /.____,゙;;'l゙ "  /.i_---ー.゙  l`゙.='゙´.‐ー_\   .l:;:;;._,;.‐
.´  .- ..,,..,;:;;.,.. --゙  ./ ;;;;;;;;;;;;;;.!   ./ ニ........ --.|  . ! '?¬;';"´.;;;;; !  .l゙‐''
.`~_`゙゙゙゙゙゙゙ /     ,i";.,,,,,,,,,, /   ..;;;;;;;;;;;;;;;;;;; |   |,;;;___,,,.. ―' !   .l
_.   ´゛/      l..~"..丶.../    .ヽ....;;;;;_,,,,.. !   .|  _,,,,,......! .、 .\丶
;;;;;;´;"゙ /    .,i  /.i=rx 、,,,/     ゙'/"'''''".... 、   .l .´゙;;;;;;;;;;;;;;;;. !  ゙li、 .\.
;;;;;;;;;;. /  ...l / |  l.;;;;;;;;;;;/        ヽ;;;;;;;;;;;; |   l ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..l  . l\
;;;;;;;;./  .,/. l.;; | .l゙;;;;;;;;;;;;;|,   .|     .ヽ;;;;;;;;; .l,   .l ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; !  .l ;..ヽ
 / . ,,/;; l゙./;;:.l゙ !;:;;;;;;;;;;;; !   ./   .i,   ヽ ;;;;; ヽ   ゙'v ;;;;;;;;;;;;;;;;.l   .! ;;;;;゙′
´  / ;;,i'゙,i";;: l /;:;;;;;;;;;;;./  ノ/.,、  「L  .゙'i;;;;;;;;;;. ヽ   .l .;;;;;;;;;;;; ! .|l  ! ;;;;;
../.;;;;./ .l゙.;;;;;./ ,i";;;;;;;;; /  i". !/..}  .!;;;\, ,!;;;;;;;;;;;;; .,!   l ;;;;;;;;; ! ,/;.!  l ;;;
";;;;;;. !  !;;;;./ ./ ;;;;;;;;;.,r'″ :!;;;,「| l  l゙;;;;;;; ! l ;;;;;;;;;;;; l    .l ;:;;;;;l゙ ./.;;;: !  |,;:;
;; ,./  ││,/.;;;;;;;;; !    lノ゛ !,;.! !;;;;;;;; l | ;;;;;;;;;;;; !    .ヽ ;;;.l .!;;;;; !  l
../   ./;; l .! ;;;;;;;;;; /  ./ヽ  |彳 !;;;;;;;; !.l ;;;;;;;;;;;;;;: !      ゙'、;:.l !;:;│   .!
  ,/;;;;;;丿 ,!;;;;;;;;;; /  ./ ;;;;;; !  |;.! .|;:;;;;;; ! ! ;;;;;;;;;;;;;; .ヽ   〔'、 .l l ゙l;;;;.l,   ′
-",,,,,,,/、./.;;;;;;;; ,/  ./ ;;;;;;;│ ,!│| ;;;;;;; .| | .;;;;;;;;;;;;;;; l    ! ヽ.T  !;;;;;..l
../  / ゛,!./.;;;;;;; ./   .l ;:;;;;;; |  .!;;:.! `j;;;;;;. l,.! .;;;;;;;;;;;;;;;;; .l   }:;..l,  .l.;;;;;;;...l
" ./ ;;;;; ! l ;;;;;; ./  、  ! ;;;;;;;}  !;; l | ;;;;;;..l¨゙| ;;;;;;;;;;;;;; .}   .,!;;;;.′ !;:;;;;;;;; .!

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  「電気」――それは本来なら、雷のように
  大規模な自然現象でしかお目にかかれない筈の物。
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

359 :名無しのやる夫だお:2013/09/07(土) 10:23:00 ID:DMRVvYrA0

   @―@
  /ミミヽ\
  @ミrA=Aツ@
  V彡゚Д゚)/
  @/つ つ@
  /⌒⌒⌒⌒ヽ
 / ⌒( ゚Д)|
< ⌒⌒ (ノ )ノ
 \____ノ
    ∪∪

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
                                       エネルギー
  神話や伝承においては、「天罰」に例えられる程強力なチカラ。
  本来なら、人間が触れるのもおこがましいパワー。
  だが、しかし――
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

360 :名無しのやる夫だお:2013/09/07(土) 10:24:00 ID:DMRVvYrA0

          _Y_
            r'。∧。y.
         ゝ∨ノ                            ,,,ィf...,,,__
          )~~(                         _,,.∠/゙`'''t-nヾ ̄"'''=ー-.....,,,
         ,i   i,                        ,z'"    ̄ ̄ /n゙゙''''ー--...
         ,i>   <i                       r”^ヽ      く:::::|::|:::〔〕〔〕
         i>   <i.                     入_,..ノ ℃      ̄U ̄_二ニ=
`=.,,ー- ...,,,__  |,r'''"7ヽ、|  __,,,... -ー,,.='             >ーz-,,,...--,‐,‐;;:'''""~
  ~''':x.,,  ~"|{ G ゝG }|"~  ,,z:''"                     ___
      ~"'=| ゝ、.3 _ノ |=''"~      <ー<>         /  l ̄ ̄\
        .|))    ((|        / ̄ ゙̄i;:、      「 ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| ̄ ̄ ̄\
             ))|       r'´ ̄「中] ̄`ヾv、   `-◎──────◎一'
                   ├―┤=├―┤ |li:,
                   |「 ̄ |i ̄i|「.//||「ln|:;
                   ||//__|L_」||__.||l」u|:;
                   |ニ⊃|  |⊂ニ| || ,|/
                   |_. └ー┘ ._| ||/
                   ヘ 「 ̄ ̄ ̄| /

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  現在の人間はその電気の力をいとも容易く使う。
  そして現状の社会において、電気に関連した技術は
  あらゆる分野で欠かせない物となっている。
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘


361 :名無しのやる夫だお:2013/09/07(土) 10:25:00 ID:DMRVvYrA0

                                    _,,,、-ー'''7 ̄ \
                                   /  ......../     \
                                  / ____,   ! ((_))   ヽ
      ____________              ! !三!:i   ! `´r、((_))
   /|:: ┌──────┐ ::|             i !三!:!   !   | ヽ`´ !
  /.  |:: |            | ::|      _  __  / 7ゝ!三i;j  |   !__〉〉 |
  |.... |:: |            | ::|     〃}>) )`'ー/_/:ゝ=ソ-ーヽ  ─ 、  !
  |.... |:: |            | ::|    〃 / / /     7)i | 〕二(( \_  /
  |.... |:: └──────┘ ::|    テ'′/ /    /:/:i |二二二7ヘ>r、
  \_|    ┌────┐   .|     ヽ_.ノノ    / /´¨γゝへi i|>r、示> 、
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       7´`''-、__ノノ....:::::{(0)ンi i|に)//| |>≧ァ
                          /   /´|ヾ三≡=ゝソ〃;i i|ソ//;;| |))7 /
          []               /    :/  | |ヘ|i1!| ∨i!| ̄;i i|]/∧;;| |´/ /
   _____「]               /    :/   .| |:::|i1!| ∨i| ;;i iレ∧;;;;| |:/ ∧
  /______ヽ
  | |       ||
  | |      ||                           ,._
  | |      ||                         / ⌒ヽ
  | |      ||                         /,, ''″⌒}
  | |      ||                        / ″  .:.:.j
  | |      ||                       /″  .:.:::::::/
  | ~ ̄ ̄ ̄ ̄~ |                     _∠._  .:.:::::/
  (⌒!二二二!⌒)      _  __  -ュr⌒iニニ ̄'二フ ,、:::::::::リ`_ー- _ ,,. 、
  |⌒ ⊂⊃  ⌒|    Tf(__)____ ̄_ { `7__ ,, ___/´/:::::::::::/     ̄,{{__リー- .._ , 、
  | О (_O_) О |    ¨ゝタリ --- リ-' ̄L._//__//ニ7 .::::::::::::/ーリ‐l7‐; 7_.イ- r、_ /ゝクー- ,
  | ①  ②  ③..|               ″ | /  .::::::::::/  ̄'' ̄リ´  ″ ̄リ¨ ゝ''´ ̄ ̄
  | ④  ⑤  ⑥..|         r-― …   ̄ 」  .:.::::/- .__
  | ⑦  ⑧  ⑨..|           ̄ ̄  ―- t_,.-‐'"´ ̄ ̄
  | 〇  〇  〇..|
  ゝ_______ノ

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  家具、機械、交通網……etc
  現在の電気技術の柔軟性と応用性たるや、想像もできない程である。

  現代の生活の発展は、電気関連の技術の成長と共にあった
  と言っても過言ではないだろう。
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

362 :名無しのやる夫だお:2013/09/07(土) 10:26:00 ID:DMRVvYrA0

          ____
        /      \
       /  ─    ─\
     /    (●) (●) \
     |       (__人__)    |
      \      ` ⌒´   ,/
      /         ::::i \
     /  /       ::::|_/
     \/          ::|
        |        ::::|  キュム
        i     \ ::::/ キュム
        \     |::/
          |\_//
          \_/

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  そんな重要な、電気に関連する学問。
  「彼」もまた、その一翼を担う若き人材である。
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

363 :名無しのやる夫だお:2013/09/07(土) 10:27:00 ID:DMRVvYrA0

                     ____
                 /     \
               /  ⌒  ⌒ \
              /   (●) (●) \
              |     (__人__)   |
              \_    `⌒´  _/
             /         ヽ
            /  /        |
            \  \        |\
             (JJJ)       |JJ)
                ヽ       |
                 /\  \/
                く  /  /
                (_/ヽ_⌒)

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  彼の名前は「入速出 やる夫」
  この国のとある最高学府において
  電気について学んでいる途中の学生である。

  学業成績はともかく、容姿は下の下。
  彼女いない歴=年齢 の、ごく普通のモテない男子学生をやっている。
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

364 :名無しのやる夫だお:2013/09/07(土) 10:28:01 ID:DMRVvYrA0

        / ̄ ̄ ̄\
        /        \
     /   ─   ─  ヽ
      |   (●)  (●)  |
     \   (__人__) __,/
     /   ` ⌒´   \
   _/((┃))______i | キュッキュッ
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
/  /_________ヽ..  \
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  モテないなりに勉強を頑張り、いくつかの論文を発表。
  研究室での立場は悪くない。
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

       ____
    /      \
   /  ─    ─\
 /   (●)  (●) \   
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /     
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  モテないながらも就活戦線を勝ち抜き、見事内定を獲得。
  学校を卒業後の進路も決まっている。
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

365 :名無しのやる夫だお:2013/09/07(土) 10:29:00 ID:DMRVvYrA0

                  ___
       ,r'"´「jヽ     /     \
        /   | | ゙,   / ─    ─ \
        l l | || |  ! ./   (●)  (●)  \
       ! 」」_」 |」/ |      (__人__)    |
         | |   \     ` ⌒´     /
        (ヨ r ) /           \
          !   ∨  イ        ヽ  i
          \    /.|           |   l
           ` ‐´ l         l   |
               !        ,rrソ_ノノ
               i     y  //  Tト、ヽ
               |      i   」_L _丿 Lll
               |     |  |U ̄^i  .:j|
                   l     l  |   | _ __.,!
               ,!    ,!   `ー┬‐─ '
              (____(_____)

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  そうして、モテない事以外はそこそこ順風満帆な
  やる夫の学校生活も終わりを迎えそうな、12月末。
  やる夫は、学科棟の大掃除に駆り出されていた。
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

          ____
        /      \   ,,,,,,,,,,,,,,,,,
       /  ─    ─\  i!i!i!i!i!i!i!i!
     /    (●) (●) \[___]
     |       (__人__)    |  //
      \      ` ⌒´   ,/  //
      /         ::::i \//
     /  /       ::::|_/と}
     rつ、/        ::| //
    /=ニ=、        :::::レ/ キュム
    { ワックス }     \ ::::// キュム
    ヽ__/\     |:://
          |\_////
          \_/ ~

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  自分が長らくお世話になった学び舎に
  敬意を示すべく、掃除に精を出す。
  研究室の掃除を終え、さぁ次は倉庫だ!!と意気込みを入れる。
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

366 :名無しのやる夫だお:2013/09/07(土) 10:30:00 ID:DMRVvYrA0

.      /  ̄ ̄ ̄\         ┃|
      /     . . : : : :\         ┃|
    /       . . : : : : : :\       ┃|
.   |         . : : : : : : : :| .       ┃|
    \_    . : :〃: : : :,/         ┃|
     /⌒` . . : : : : : : :`ヽ.      ┃|
    / . . . . : : : :..: : : : : ,: :\   ,rっ┃|
.   / . : :/`: : : :..::: ::..: : : :i\: ::`≠⌒⊇ |

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  そして倉庫に入り――
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

                  /lニニニニ二二二二二二二二二二Eヨ二二二二二二二二二二ニニニニ∧
               / /                                              ∧
                  / /                                               ∧
               / /                                                ∧
            / /                                                  ∧
           r'―――――――――――――――――――――――――――――――――――',
           ,' l                     _,.ィニ==イニ三三三三三}}                       l ',
           ,'  l __       ,r,====={三{三三i三三三三三ニ}}.              __      l  ',
          ,'   l(( ̄`7ュ==彡'  } l´`l |⌒| l゙ ゙̄l`l⌒l―-----<´ .____     ,r=ヘ'⌒ヽ>x  l  ',
         ,'   {二{´ネミ/二二|⌒! {=} |: . | |: . | .|: . |____}='´ {ニ}_x>r=ヘ'⌒\r=ヘニ}ニニニニ}二}   ',
         ,'   r‐、斥ミ/,rニニニ|: . ! |: . | |: . | |: . | .|: . |-‐'''´,-=r=ヘ'⌒\f ヘ , ‐=‐ミ、二{二}ニニ)二)    ',
         ,'   /⌒ムニ/!'::::::::::::::゙○':::::○' ○' .(二) ゙○三f´`\ヘ,r=ミ,r=ミ,r/  rニニニl―ァ二二}}}}}}}}}}}   ',
        ,'   ./  i ミ}{_{:::::::::::::::::::::::::::::::::r―f ̄ ̄ ̄ ̄l:i:i:i:}\f´`\::::::::}{:::::/r=ti  レ=フニ二)__),r=≪.   ',
        ,'   ⊂ニミ、<=====(ニ ̄{ 二|三二三二l:i:i:i:}=ニ≫z. \>'´  .|三|  ,r=彡<  ,r< {;.;.;.;.;.;.;.{.     ',
        ,'   ⊂ニ´ニ二二二∠ニ∠ニ二二二二二二二二)∠三三三ネ{_}_____Ll  ノノ /.三}`}ヽf´;.;.;.;ヽ   ',
        ,'   (                                           )⌒//´゙ヽ三}_,} };.;.{;.;.;.;.;.`ヽ  ',
       ,' ∠二コ=―-.tz―――‐ァ ――――― 、――――――┬――――――''''^ヽニ二ソ ̄ ̄ ̄ヽゝ==<}.  ',
.     ,'  f==-'´  (≠)   ̄二ニ´,x-―――――- ミ二ニ> 三三三| ; ,    . : : : . : ; ;   , ; ; ; ; ; ; ; ,x≦´ ̄ ̄ヘ  ',
.     ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨
      ∨       ,{二二}、         ___        rニニニユ        ___      ,{二二}、        ∨
.       ∨      { {ー‐ '} }           {   {―-、     {(ニ)}     , -―}   }     { {ー‐ '} }      ∨
       ∨      ー=―'         ー―ー-、`ー――――――‐' ,r―'―‐ '      ー=―'      ∨
.         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ー―――――――'  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  工具・小型機械・回路基板・製作物、等を整理――
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

367 :名無しのやる夫だお:2013/09/07(土) 10:31:00 ID:DMRVvYrA0

                 ||
       ____      .||       , ⌒ 、
     /⌒  ⌒\   [i || i]   ―    )
    /( ⌒)  (⌒)\/ ̄ノ/ ̄ノ    ゝ- '´  パタン
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\./  /..       .||
  |     |r┬-|     /  /_____||
  \      `ー'´    /  /―――――‐||
   ノ        ⌒ _/    =     ||
  /           / ̄.――――――――||

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  細々とした研究用の部品を、棚に収納し――
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

                   n
                   l^l.| | /)
                   | U レ'//)
      ___      ノ    /
    / ⌒  ⌒\  rニ     |
   / (⌒)  (⌒)\  ヽ   /
 /   ///(__人__)///\ / `   /
 |       `Y⌒y'´    |   /
 \.       ゙ー ′  ,/  /
  /⌒ヽ   ー‐   ィ  /
  / rー'ゝ        /
 /,ノヾ ,>         イ
 | ヽ〆          |

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  自分の仕事は一段落だ、と一息つきながら
  掃除が終わった後の、飲み放題の忘年会に想いを馳せる。

  そんなモテないやる夫に、唐突に「声」がかけられた。
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

368 :名無しのやる夫だお:2013/09/07(土) 10:32:00 ID:DMRVvYrA0

               /:::::::::`>':::::::i、::|        丶     i::::::|::|
              /:::::::::::::/:::::::/:ヽ      __´_    ,'::::::|:::i
              /:::::::::::::/::::::::/:::::トヽ     ゙、`"-、゙'/  /::::::::::|:::ヽ
             /:::::::::::::::/::::::::/ヘヽノ ` 、    = ' ./:::::|、:::::::::|::::ヽ
              /:::::::::::::::/:::::::::,' \\   ` ‐- _イi`ヽ、:|、_、::::::|::::::ヽ
             /::_:-‐="/:::::::::,'   \\       ,' |  ヽ  ヽ:::::|:::::ヽ

 [ ??? ]
┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  ”‐Ires-・-nekkah-・-owiketuoyh-・-eraW-”
  【『異界召喚』|『この場』|『彼』|『二日間』】
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  「声」はそう言ったように聞こえた。
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

369 :名無しのやる夫だお:2013/09/07(土) 10:33:00 ID:DMRVvYrA0

                             _
               ____       l⌒! /(⌒)ヽ
             /      \     l l  ー'/.ノ
           / ─    ─ \    l .j   l i
          /   (〇)  (◎)  \  `´   `´
            |      (__人__)     |  ○   ○
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  そうして、やる夫は「そこ」に召喚された。
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

370 :名無しのやる夫だお:2013/09/07(土) 10:34:00 ID:DMRVvYrA0

           ,                      /;;;'''';;;;/
           \                   /;;/' :;;;/
            ヾ ,                /;;;'/ :::''' :;;/
             |;;;.|              /;;;;;;/''::'''' ;;;;;|
            |;;;;|'     ,_       /;;;;;;;;/ ....::::'''';;;;;|
            |;;;;ヽ ,_  ヽ;;;ヽ,,   /;;;;;;;;;/.;:,..;'''   ;;;;;|
            |;ヾ;;\ ヽ;;ヽ  \;;;ヽ、/;;;;/;;/..:;;;''''::.... :;'';;;;;|
            \ヽ;;;;;\ゞ;;\, |;;;;;/;;/|;;;;;;/ :::::;;;  '''''''';;;;;|
             |;::' │/;;///;;;;;;;;//;;;;;/..::'' ''''''' :::;''''';;;;|
       ,    // //''::::::;;;;(;;;;;;;;;:::ヾ/;;;;/....... ::: ''' ::::: ;;;;|
     /|  ,,;;/;;;;;/;/::(::;:(::::(ヾ,;;;;;;ノ;;;;;/ヾ':::..... :::::...... ::::;;;;;|
    /;;;;|'  /;;/;;;;;/../;;;;;;;;ヽ;;;;ヾ;;;)ヾ...;;;;へ| ..::::::;; '''';:::,,,,   ;;;;;|
    /;;;;;ヽ-//::/::::/;;;;;;ヽ;;;;;);;;;)::::);;| ;;;;;ヘ ヽ    '::::...... ヽ;;;;  :ヽ,
   |;;;;/ヾ:;;;;:::.... ;;;(;;;;;--;─ ̄)__  );|:::;;;;|ヽ\::     ..''';;;.... ;;;;;;;;;;;;\
   ////,,,;;;;;;;:::::...,,,.__;- /  /  ヽ丿;;;;;;| 、  :::;;::......; :::::;;;;;;/    ̄ヽ
 /''' ヽ-ヾ/》;;;;;::__;-  / / ̄ヽ;:/ :;;;;|:::: :ヾ   :: '::. :;;;;|     /
 |,-::-;;⌒ヽ》;;;;/ ̄   //- ̄ヽ/..::::;;;;/ ''':::::..;   丶::... ;;;;|    //
  丶  '   /;;/    |:;/  ̄ヾ/....::;;;;/|...::::;;... '';;.. ヽ \:...;;;;|   |;;;;|
   ヽ;;;ヾ;/     /- ̄ ヽ(:::;__/:::::::::ヽ;:  ''''';;;;;:: ;;:''' ::;ゝ;::;;ヽ  ヽ;::ヽ
     ̄       /ヽ/''' ::/  \ヾ--ヽ:::,,,,, ::::::,,, ''''''';;;;;_;;;;;;|  |::::ヽ
 .           |  |∠ ̄''/..;.ヘ, \,;::|;;:;;;;--──:::;;;;--  ヾ;;\丿;;;;;|
           丿ヽl''''V''V ̄:::::::; ...;;;ノ/  //  ,/  /|  ,,/;;;;;;;/
 .         /ヽ__ヽ-─ヽ::;;;::::;::ヽ__/ヽ-/;;;/_/;;/_/;;;;-'''''';;;;;;/
         /''ヽ/ 'ヽ/ ヽ::::::::::/::::;;;;;;;;;ヽ::;;::::;;;::::::;;-:::::;;;;:::::;;:,,,,-'''
        ノヾ-/   ヽ/ ヽ::::::/::;;:::;;;;;;;;:::ヽ:;;;::::::;;:::::::;;;;:::::;;;-'''
      // ̄ゝ    ヽ\ ヽ(:::::;;''':::::::::::ノ:::;;;::::;;;;;;_;;;--''''
      《《_ゝ'        \ /|ヽ;;::::::::::;;;;;;;;;;'''''''''  _,,,,,
                 |::::\/::(::::::::::;;::::::::::─ ̄;;''''/
                 |::::::::;;::::;\:::::::;;::;;;;;:::):::::::::|'
                 ヽ:::::::::::::::;;::ヽ--''' \::::: \_/;
                  ヽ:::::∧:::::;'';;;|    ''\::::::::::::/ ,,
                    ̄  'ヽ\ヾ    ヽ;;;;;:::::::-'''''
                         ̄       \:::::<__
                                  ヽ-''

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  地球においてはおとぎ話となっていたドラゴンが闊歩し――
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

     *'``・* 。
        |     `*。
       ,。∩      *   
      + (´・ω・`) *。+゚
      `*。 ヽ、  つ *゚*
       `・+。*・' ゚⊃ +゚
       ☆   ∪~ 。*゚
        `・+。*・ ゚

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  どんな問題でも、魔法が鮮やかに奇跡で解決してしまう。
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

371 :名無しのやる夫だお:2013/09/07(土) 10:35:00 ID:DMRVvYrA0

                                i._._.._ _ _ _ _ i
     . ... . . .::..  :.                   i._ _ _ _ _ _ _..i                .:: ..'...:⌒`  : .: ..,,
''"'';:;,.,.,       . ... .                  i_ _ _ _ _ _ _.._i           .: ...:::⌒` ''
  ,.;:.,..,;:;:;:,.,._, ...,,,...,,,,,,,                   i _ _ _ _ _ _ _ .i           .: .....:   ...:.: .: ⌒` .: ..:.: .: .
    ,,,......,,,,,;:;''"                   i_ _ _ _ _ _ _ _ i          : ... : .  .:  .  ::: ....::.. :  .
''""''''"       ... . . :    .[ ̄]          i____._  _i        .[ ̄] ` . :. .;;,  .:;.   .  .  .:
   :.:..  ..  . . .. .. ..     |ilil|         i_/ __ \_i        |ilil|      .'' ' 'ー '''  '' ―
                   |ilil|        / /|ll|\ \          .|ilil|      . :..   . :.  .. .
  , ⌒ヽ . .. :. .:  [ ̄]    |ilil|      .((l))/r=.|ll|.=,,\((l))        |ilil|    [ ̄] . .... .. .:.:.:..:.,.;:;::'''"
 (    '      .|lilil|    .[_] /il i.ニ.i.r.l. | ||ゞヾll|ll|llソ<.|| |/il i.ニ.i.r.l [_]    |lilil|   _...:;;:''"'"
  ゝ     `ヽ    |lilil|      |ii.|ゞ_ノ.liil. | ||ゞヾll|ll|llソ<.|| ||ii.|ゞ_ノ.liil      .|lilil|  .,;: _...
(⌒         .|lilil|      |ii.|二ニ|iil. | || ヾili |ll| iliソ...|| ||ii.|二ニ|iil      .|lilil|     .....,,,,,;:;'''"'''
            .|lilil|       ヾ|.|.|.|.|iソ...| || ゞll.|ll|.llソ_ || |ヾ|.|.|.|.|iソ      .|lilil| ,.,;:;:;:;:;'''""""""
''゙゛ `.`       ..: [_]         ノ_i_i_i_il |=.|| _ _ゞ|ll|ソ  .||.=| ノ_i_i_i_il         [_] ''.,;:,.'""""'''''''::::;:;:;;
    .,            /   `ー--'´ [三] ―――― .[三]`ー--'´ ヽ           .,
′     ::"           |∨ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l       ′     :"
.゙ ''、:,.  , :::__ ::::::::::_,_:: :   .| \  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  /| .゙''、:,.  , :::__ ::::::::::_,_:::::
  .″  .`  `゙'-.::"       |   \_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_/ .|   .″  .`  `゙'-.:"
                    |       ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄     |

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  そんな、「魔法と幻想の世界」――異世界へと召喚されたのだ。
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

372 :名無しのやる夫だお:2013/09/07(土) 10:36:00 ID:DMRVvYrA0

        ____
      /     \
     / _ノ  ヽ__  .\
   / (○)!i!i(○)   \
   |   (__人__)  u    |
   .\   )t-ツ     /
    /   ⌒´      \
    \_(__)      i\(__)
     |          |

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  突然でワケの分からない事態に、頭がついて行かないやる夫。
  そんなやる夫に、その場に居た少女が説明をする。
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

     |i:::::::::: |i l | |l|::::::::: l | |i::::::::::::::: l i| l| li i||l i| l ::::::|
     |i:::::::::: |i l | |l|::::::::: l | |i::::::::::::::: l i| l| li i||l i| l ::::::|
     |i:::::::::: |i l | H::::::::: j_l_|i::::::::::::::: l i|_l⊥⊥i||l i| l ::::::|
     |i l .:, -|i l | kf不气ixヽ`    ´,.',.ィIヲ气||l iト、:::::::|
     |i l {. |i l | |゙{li:●:;ハ` `     ′ {i:●リj||l i| }i : |
     |i::::::ヽ |i l | | ` ー "            ` ー "||l i|ノ::::: |
     |i::::::l `|i l | |          i        ||l i||:::::|
     |i::::::li : \j_j、                   ,.| j,/l::|:::::::|
     |i::::::|i l :il l il \     --_--     ,.イ 「´ |i l::|:::::::|
     |i::::::|i l :i| l ill l l `! 、         ,.イl il !|i l |i l::|:::::::|
     |i::::::|i l :i| l i|l l l_⊥_ `` ‐--‐ '"´ .⊥、j_!|i l |i l::|:::::::|
     |i::::::|i l :i| l i /´ \ `ヽ     . ´ / . :|i l |i l::|:::::::|
     |i::::::|i l :ij_/    ヽ  \ /  。   . :|i l トゞ|:::::::|
     |i::::::lj。イく         \/  /   . : :|i l |: .\:::::|
      ji/   ヽi         ヽ /     . : :|i l |: : : . 丶
   ,イ´        \         /     . :/:|i l |: . / /\
  /   Y          ヽ    , '        ./. : :|i l |   /   ヽ
. /     \          丶、/        . : : : :|i l |           ゚ 、

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  そう、「やる夫を召喚した」少女が説明する。
  やる夫は、この「魔法と幻想の世界」にとって必要だから
  地球から異世界に召喚したのだと。
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

373 :名無しのやる夫だお:2013/09/07(土) 10:37:00 ID:DMRVvYrA0

             (⌒ヾ`
             ゝ´ ,))
        (( ⌒ゝ   lij
          ー" ミ
       //_/l   ____
       |  __/ /  ノ(  \
     / / /_ノ三ヽ、   \
   γ⌒ヽ'  /( 。 )三( ゚ ) =ll=.\  γ⌒ヽ
   入__ ノ\.|  (__人__) ノ(     |/弋 _ノ
  [_A 〉 ヽ  \  |++++|  ⌒   /  /
       \   ---         /
         |            |
   セ⌒ヽ 个 、          /
    l三三  ,            /  ィニヽ
   |三三.レ'\          レ´   /.ヽ
   `ー-ー'    ヽ_ ___         イ爻..|
                \__/.弋_ノ

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  「ふざけるな!!」という思いを爆発させるやる夫。
  当然だ。異世界人の勝手で、ある程度上手く行っていた
  地球での生活を奪われたのだから。
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

          !::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.::|:.:::.:::|!:::.:::.:::.:::.:::.|
       l:.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::|.:::.:|l|::.:::.:||:.:::.:::.:::.:::.::.!
       |::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:!l::.:::.:::.:::.:::.:::|.::.::|」|:.::.::|!L:.__:」::.::.::.l
       |:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::._:|:|.::.:::.:::.l:::.::.|L:::」  ̄´   ハl.:::.:l:.:!
       |::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:/ |]::.:::.:::.::|:.:::.||    _、   {;;;!::.::l|:l
          !.:::.:::.:::.:::.:::.:::..i /|:!::.:::.:::.:|::.:::l|l ミ='"   'V:.::l.|:!|
          |::.:::.:::.:::.:::.::: 八ヽ.||.:::.:::.:::|.:::.:l||           ヽ川
         |.:::.:::.:::.:::.:::.,':.:::.\l|::.|::.:::.|!::.::||         r '´
        |::.:::.:::.:::.:::.:i::.:::.:::.:::|.:.!:::.:::|L::」|      ‐セ′
        |.:::.:::.:::.:::.:::|.:::.:::.:::.:|:.|:.:::.::||          /|
         !::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.::: |.:|:::.:::.|  えニ_ー‐一1|:!
         ,':.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::./|:::!:.:::.::| /、 \``ヽ.:/ !|

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  だがそんな怒りは、「やる夫を召喚した理由」を少女が説明した途端
  あっさりと吹き飛ぶ事になる。
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

374 :名無しのやる夫だお:2013/09/07(土) 10:38:01 ID:DMRVvYrA0

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (○)  (○) \
|       (__人__)    |
/      |!!il|!|!l|  /
      |ェェェェ|

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  「その理由」を聞かされ、驚愕するやる夫。
  ファンタジーにありがちな、「魔王を倒せ」や「国を発展させる」
  といった切った張ったなど、全くやる必要は無い。
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

 .               /..::::::::::: /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: | :::
             '.::::::::::::: ,'.::::l::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: | ::::
            ,'::::::::::::::: l::::::l:::::l|:::::::::::::::::::l:::|:::::::::::::::: | ::::
               ,..:::::::::::::::: l:::::i|:::/l|::::::::::::::::::ll::l|:::::::::::::::: | ::::
              ,'.:::: l:::::::::: l:::::||::i l.|::::::::::::::::l.|:|.|::::::::::::::::: | ::::
            i::::: i:l::::::::: l::::∥∥l::::::::::::::::i.!:l l::::::::::::::::: l :::::
            ./l::::: l:|::::::::: ! リ:l∥.l:::::::::::::::l.ll.l::::::::::::::::: l| :::::
            l l::::::∥::::::::: ! i~癶必、::::::::::l リ.l|::::::::::::::::∥.::::::
          l l::::::i l::::l:::::::l l|iミメ弋ノ `ー′! !!;;;;;;;;;;;;;;∥.::::::::
           l l::::::l l::::l:::::::l.リ乂廴汐i    , イ弋勿/.::::::::::::
          !、ノ l::::l::::::::l.l  ` -'       '´ l=刈刃 :::::::::::::
             `ソ:::::::l|             `込リ/.:::::::::/l:
              l::::::::::ハ,r'~`  、        /.//.::::::::::〃:
             /:::::::::l/       ` 、       '..::::::::::∥:::
            /.:::::::/           ヽ     '<::::::::/l:::::
                /.::::::/            ヽ     `フ.l::::::
           /.:::::/            `i _ ‐ ' ´ .l:::::::
              l::::::/                  l       l::::::::

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  なにせ、「ただ、多数の女性に子供を産ませれば良い」
  という、エロゲーそのものな条件なのだ。
  しかも、待遇はその国の王族以上のモノを保証するという。
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

375 :名無しのやる夫だお:2013/09/07(土) 10:39:00 ID:DMRVvYrA0

     ____
   /      \
  /         \
/           \
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  その条件に、やる夫は一瞬迷ったものの――
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

     ____       ヽ v /
   /⌒  ⌒\     -(m)-
  //・\ ./・\\       ≡
/::::::⌒(__人__)⌒:::::\
|      `ー'´     |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  すぐさま承諾した。

  やる夫にとっては、故郷の地球よりも、就活や論文がまとまった未来よりも
  「自分が女の子にモテる」、という異世界の価値観こそが最優先だったのだ。
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

376 :名無しのやる夫だお:2013/09/07(土) 10:40:00 ID:DMRVvYrA0

                            ____
                    ,..-''"´         ヽ
                 /             丶
                     /                \
                    /             斗=ー  ヽ
               i     -=ー     ´ .ィj^ヽ   i
                 .|    ≠fjー-ミ   /  ___    l
       /^ヽ       . }   /  ____ _     '"´   `   l         ./^,  /^,
        i  i  ./´`i  .i    ´                .i         ′ j.  /  i
        |  i ..l   l  l     (    j    )      ,        ,′ /. /  /
.      |  |  |   l   .',     `ー-‐'′`ー-‐′     ′      ./  /. /  /
.       |  j  |   |    .,       ∨. : : :{     .イ         /   ト、/  /
.     Y⌒Y   l、_,l  l     .\     ∨._:_ノ    ィ゙     x'⌒ヽ、     /⌒Y-、
  f⌒i  |   _彡''⌒ヾ      ≫ ..,_      _,..≠ {、   ./  _   _)  ./   /  }
. /{  {  |二弌_     ∧     ./^Y}  7r-r=rえ  八\ ..{     ̄ヽ  .('  /  ∧
. 圦 ,人 ノ / `¨/  ./    /.:.:.:.:{  /{__ノ^^廴}V }.:.:.:.:....∧     }  `¨`ー-'  }

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  こうしてやる夫は、異世界における
  最高の客人(マレビト)である、「御子」となった。
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

377 :名無しのやる夫だお:2013/09/07(土) 10:41:00 ID:DMRVvYrA0

   ┌──────────────────────────────────────┐
   │                                                                            │
   │                                                                            │
   │                                                                            │
   └──────────────────────────────────────┘

               ┌───────────────────┐
               │                                      │
               └───────────────────┘
                        ┌──────┐
                        └──────┘

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  そして、その後のやる夫の様子といえば……
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

378 :名無しのやる夫だお:2013/09/07(土) 10:42:00 ID:DMRVvYrA0

      / ̄ ̄ ̄ \
    //     \\
   /  ( ≡)   ( ≡) \
   | ///  (__人__) /// |
    \__ `ー ' ___/
   /    ヾ、 //  \ ヽフ
   ヽ_⌒)ハ //   | レつ||)
  i⌒l ミ゚Д゚,,彡⌒)  ヽ_ノ  ̄
  |  | ヽ__"" ヽ_ノ|  |
  ヽ  ̄ ̄ ̄/ ヽ ヽ_ノ
    ̄ ̄ ̄ /  /ヽ__)
       (__ノ

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  美味い料理、貞淑な美女、豪勢な住居……etc
  突如として降って湧いた、都合の良い生活を満喫していた。

  地球での生活など忘却の彼方。
  色・金・酒の赴くままに遊び歩いて暮らす。
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

                   ___
                   / ノ   、 ヽ
                 / ̄     ヽ ヽ
               / 三三    三三 ',
                  /::::::⌒ (__人__) ⌒::::',
              {      |   |     j
               \   _`ー ´_ __ノ
            r<>==/7//≧≦///7==<>,
            !//ヾ三三シ´  ヾ三三三シ´//!
              l////≧''´     `==!´/////!
                l/////          ∨////j
              l////            !////ij
            !///{             !////
            ∨//i            }///
             ヾ/∧           _ノ//
               `7 /ーーー-‐ヽ ヾ=´
                !/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \!

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  地球での知識など、発揮する必要は無い。
  何故なら――
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

379 :名無しのやる夫だお:2013/09/07(土) 10:43:00 ID:DMRVvYrA0

                  _,, -ー辷二二二辷 ー- 、
              , イ´ 二 -ーー―――― -ミ - 、 `ヽ、
           ,ィ' 彡彳'''"´E M E R G E D ` ヽ 、 `ヽ、
         ///      __,,, -ー,=ー=、ー--- 、__    `ヾ、 ヾ\
       /// R   ., ィ'"´  _イ ィ- 、゙ト,__  フ ト 、 R   \ヾ\
      /イ / E   / ,, ィ、"´ノ、.{ 弋_,ソ ソ} ィニト,ヘ、  \ O  \ヾヽ
     // / W  / /ィ)、 トニーヾミ 彡"\二| _ィ、ヽ _ヽ、M .ヽヽヽ
    // / O / , イ ヾ彡イ,, -"´_α ̄ ゙'τー-、ヾヽート'"ヾ } \   ヾヽヽ
   // / P /  / ィノツ//σ _,-,、_,ィ―テ_,, -、 ε\ヾ〈イメ ヽ、 ヽ T ヘ ヘヘ
   ,'/ /   /イ7、´レツ /χ,,イ>-ヽっ  ぐイーゝ \νヽ ヽソーヘ-.ヘ H ', ',',
  ,'イ ,' T  ,' ∨ イフイ /η/ィ"´ ,、/"´ ̄`゙゙ヽ、  .ヘο',ヾ\乂ヘ ハ E ', ',',
  |{ .|l A ,'  / 乂Ⅵ ,'μ/イ イへ.  |乂|  へトド、ヘ.λ',ヾ| 乂}  }   }  }|
  {{ | E j,イ二二ヽ,| ,'π'ハヘ ∨   \.`´./  ヽ 从 lκ.l 〉 ィごヽ | M  } ||
  l| | R |{ ヘ   ハ} !κ{ {! レ、|    }  {    .|   .lξl ./\ト',| A | ||
  {{ | G '{込∨ ,シ | !ξ{ トヽ ヽ   /  \   イ、  .lι}. ド\/ツ| G } . !j
  l{ |    ',  トイ∨,ヘρ',ヾ ドヾゞ" /\ ン´゙゙  ,ィ,'π,' ,!ミ彡イ ,' .I  j j.|
  .',', ', E ハ ', 乂ヘ', ヘχヘ  イ_>ー-ー ≦ レ イ,/υ./ ,' イ フ 7  C ,' ,'}
   ',', ハ H ヘ ヽ"ジヘ、 ヘυ\ヽ トー< ̄二シ,, イτ / /辷 フ / A / /,'
   ',', ヘ T.  ヘ ヽ{ヾ丶 丶、θヽ`ニニ辷ニニ,, ´イα /, イ ィッ/ / L / //
    ヽヽヽ   ヽ トテ"トミヽ \η β ̄μ χ イ ,,イ トイ/ ,イ    ./ //
     ヾヽヽ G ヾl__>ミゝ>ト 、  ̄フ===、二 -‐イくィジ7_|/  S  イ //
      ヾヽ.ヽ N  \  ヽK辷 メ7 i―‐i ヘ、 辷メ__トイ  /  T  / //
       \\\  I  \ ヘ >- 、.《|__|》ツ-‐< / ,,イ  O  / /,イ
         ヾ \  T  ` ''ー-_ヾ三イ_ -ー"   N  / //
          ヾ  `ヽ、 . N E S E R P E R  S E , イ ,//
             `ヾ、  ` ヽ 、        ,, -ー '"´ ィイ/
                `ー 二三二二二二二二三ー'''"´
                      ̄ ̄ ̄ ̄

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  この異世界は、科学技術こそ「歯車とゼンマイ」レベルだが
  科学の代わりに魔法技術が非常に発達しており
  分野によっては、地球以上の成果を挙げている世界だからだ。
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

380 :名無しのやる夫だお:2013/09/07(土) 10:44:00 ID:DMRVvYrA0

         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒).::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  軍事・運輸・情報・農業・医療……etc
  あらゆる分野に、貴族である魔法使いが魔法を適用しており
  「チチンプイプイ」で問題を解決してしまうのだ。
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

                  ...:::::::::::::::`"::::::::..、
               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
              //:::::/::::/:::::::::',:::::::::、:::::::::ヽ.
             /:::/::::::::/:::::/:::::::::::::゙.:::::::::',::::::::ヽヽ.
            /:::i::::::::::!::::::i::::::::::::::::::|:::::::::::i::::::::::゙.::::.
            ,:::::i::::::::::|:::::::|:::::::::::::::::::|:::::::::::|:::::::::::ヤ::i
           ,::::::i::::::::::|:::::::|::::::::::::::::::::|:::::::::::|::::::::::::|:::::!
            i:::::|:::::::::::|:::::::|:::::::::::::::::::::|::::::::::|:::::::::::::|:::::!
           i:::!::|:::::::::::|r‐-ト、-──‐-!ィ─:.|:::::::::::::|:::::!.
            |::|:::|:::::::::::|!。●゚ !      !。●゚ ||:::::::::::::|:::i::!.
          ,:::イ::|_:::::::::|゙ ー "     `ー:イ|::::::::::::::|::::|!:、
          j:::ル:::|::`:ヤ.      、     └-‐:=:i"::::|゙::i.
          /::j |::::|:::::::|::.、              |:::::::::::|:::::::|ヤ::i.
          |::' |:::|::::::::|:::::ヽ.  `  ´   /|:::::::::::|:::::::| ゙::::i
         |/  |:::|::::::::|::::::::::`ト .    ,. : "|:::j::::::::::::|:::::::| !:::i
         |!  .|:::|::::::::|:::::,.イ、:|.  ` ´  ,ィト/|::::::::::::|:::::::| l::::i
          !|  |::::|::::::::|ィ" ゙. ト.    // |:::::::::::::|:::::::| |::::i
         |::! _!:,.|:::::::::|.   i ∨ /,/   |:::::::::::::|ヽト、! |::::i
         |:ィ´   i:::::::::|.   i  ヾ./    .|:::::::::::::|   `ヽ、::!
        / .i   |:::::::::|    ゙ヤ/    ,/'|:::::::::::::|     ,ヽ!
        /  |   |::::::::::|    /     /  |:::::::::::::|    〃  ゙:.
       /  i  i::::::::::::|  /      /   .|::::::::::::::|   /'   i ゙.
       /  ! .i  |:::::::::::|゙i./'      /   .|::::::::::::::|  //    | ゙.
      j   ヾ| |:::::::::::| /       /     .|::::::::::::::| ,//    i  ゙.
        i    ゙,! |::::::::::::|'      /     |::::::::::::::|/ i     i   ゙.
      i``ー 、_ ヾ|:::::::::::|.     ,イ       i:::::::::::::|' /     j     ゙.
      |    `゙|:::::::::::|───'───-=ニ.|:::::::::::::||/      i      i

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  こうなると、一介の電気屋であるやる夫の出る幕など無い。
  そして、求められてもいない。

  やる夫はただ、優れた魔法文明の恩恵にあずかりつつ
  気ままに遊び歩いて暮らして、たまに国の要請に応える形で
  女性を抱くだけで良いのだ。
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

381 :名無しのやる夫だお:2013/09/07(土) 10:45:00 ID:DMRVvYrA0

                   ____ 〃"
            "ミ/      \
               / ─    ─ \
             /   (●)  (●)  \
              |      (__人__)     |
           \     `⌒´    ,/
               /    ` ⌒´ ヽヽ, ) )"
        "( ( ( ヽ     /./
             \ \ ゛//  |   ガサゴソ…
             / / ヽ ~ \ `ヽ~\
            |            |
            |   工具箱    /
            ヽ______/

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  そうした退廃的で安穏とした生活に、すっかり慣れてしまったやる夫。
  地球での知識など、魔法を使えない平民を巻き込んで
  手遊びに趣味の電気工作をする時ぐらいしか発揮しない。

  だが――
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

       l l.    //
       l l   //
      >' ´ ̄`ヽ、
     V      ! ニニ
     .! ./γ)  ,'
     .!X.. __/  ノ
.     X丶-/''' ´
    .`ー '

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  そんな、お粗末な出来の電気製品が――
  手回し発電機による、白熱電球やヒーターを始めとした「電気」の力が
  「魔法と幻想の世界」に、これ以上無いくらいの衝撃を与える事になる……
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

382 :名無しのやる夫だお:2013/09/07(土) 10:46:01 ID:DMRVvYrA0

                   __
             _,-‐='/////`‐-.、
           //////`////////////ヽ
          ///////////////////////ヽ
           ///////////////.//////ヽ//ヽ
         ,'///////////////l//////ハ//ヾ、
        ,////////////////,!///////ヽ//ヽ、
        |////,/////////l//,|////////l///l゙ヽ
        !////,|////////,|//||//////ィ´j///lヾ
        |////,|/////////!/ハ//<  ヽハ/,r、ij
           !////|/////////ト' !f ●j;     !/!
         i/|//,|/////////,'| ゞ='"     , !/|
         |/!//,|//////////|. u    ,ィ //,|
         .l////`>、‐---、.‐‐       '´///,|
         .リ/,// l////,l`  ─-‐r‐≦///,'l
         /,'〈ー===A////l       /≧ト、///,'!
        ///ヽ    l////,l、、   〈ヾ.、ヽ.ヽ//|
        ./////〕=- 、_ l////,l`ヾ、、 __,ヾ.、\i//|
        ,/////  / `゙l////l   `ヾ.、 ヾ、 ヾ.、|
       ,'////   /   .l////l     ヽ\゙ヽ ヾ、
        //,'/   /    .l////lヽ、    \\l ヽ \
       //,'/   /     l////l  \    \l ∧ ヽ
      //,'/ r ト、     .l///,'l    \    ゙l ∧  l
      .//,//    \   l////l     \   l ∧ |
     .//,//      ヽ  |l///,l       ヽ.  l.  l ,
     /// l        ヽ |.l///l         ヽ |   l/
     ///!/          ヽ!l///l          V'─-"〉
    ///,|'            N///,l       _ イ´`  /
     ///,リ、          | l///,l   _><,ィ-'‐==ィ´
    ////! ヽ_          | l///├" ̄ >'〃  _>' |
   ////f   >- ___、  | l////l _ >"` ̄    |

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  そう、魔法使い――貴族階級が扱う魔法が絶対の異世界において
  『魔法も火も使わずに、光や熱を【誰でも】作り出せる技術』とは
  「魔法と幻想の世界」における価値観を、根本から覆す
  斬新な――斬新過ぎるモノだったのだ。
                 イカヅチ
  ……それこそ、その「電気技術」の扱いを巡って
  無用な争いを呼んでしまうぐらいに。
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

383 :名無しのやる夫だお:2013/09/07(土) 10:47:00 ID:DMRVvYrA0

              / ̄ ̄ ̄\    
         /   _ノ ,、ヽ、_\
       /  ;;;(ー)::::::(ー);;\
       |    :;:,~(__人__)";::  |
          \、    ` ⌒′ ,/
        /         ::::i \  
.       /  /       ::::|_/   
       \/          ::|     
          |        ::::|  キュム   
          i     \ ::::/ キュム     
          \     |::/      
            |\_//
            \_/

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
    イカヅチ
  「電気技術」と、それを利用した知識・製品の争いに巻き込まれたストレスにより
  半ば憂さ晴らしのように、召喚された城下町を歩き回るやる夫。
  その結果、あまり治安が良くない場所まで足を踏み入れ、そこで見たものは――
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

384 :名無しのやる夫だお:2013/09/07(土) 10:48:00 ID:DMRVvYrA0

               _   _,
            ___,> Y´'ー-、
           _>z二_ ___`ー≧__
           >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
          /        ヽ `Y′之>
            /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
         l ,ィ {7Tハ::::T寸寸 |  }ノ |
         |ハ |《;・;》::::::《;・;》 / / ,/レ′
             `|   ヽ    「)'/|/
           ヽ、_  ―' _,.ィT/
             l 7Eニ::ィ1│
             'イ/ヽ::::`l┘
              i´ ̄ `|::::|
             j|     |::::|

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  地球とは全く違う、魔法と魔法使いが絶対優位の
  政治・司法による身分差別――
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

::::::::::;
::::::::.
 ::::::::..      ___v _
  :::::::;   ≧:::::::::::::l  ゜ ≦、
_ ::::::  /::::::::::::::::::ヘ  ヽ ゝ
_|:::  /:::::::::::::::::::::::::::ヽ  ヽ ヘ
   ./:::::::::::::::::::::::::::::/      }
  .//:::::::::::::::::::::::::::::) lヽXXII ハ
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::ヽ   |
  {::::::::::::::::::::::○::::::::::<○ノ:::} ノ
  `.|:::::::::::::::::::::::::::::i´  ̄ .lソ !
   l/}::::::::::::::::::::::.:__.   八
    |::::}ノ/\::::: ̄´ /
___ソ____/:::::;: <∧
:::::::::::::::::::::::::::::::::,.≧O≦.、 \
:::::::::::::::::::::::::::::::::∨ 八 ∨:::::::::`≧ 、
:::::::::::::::::::::::::::::::::/_ノ___ヽ `ゝ::::::::::::::::::::` i
:::::::::::::::::::::::::::::::::::ii:::::::::::`ii´:::::::::::::::::::::::::::|
`>:::::::::::::::::::::::::::||:::::::::::::||:::::::::::::::::::::::::::::|
  |::::::::::::::::::::::::::::||::::::::::::::||:::::::::::::::::::::::::::::|

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  この異世界の歪な上下関係だった。
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

385 :名無しのやる夫だお:2013/09/07(土) 10:49:00 ID:DMRVvYrA0

       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  ただ、遊び歩いて暮らしたかったやる夫が垣間見てしまった
  異世界のあまりにも暗い闇。

  見てしまった以上逃げられない、見なかったことには出来ない
  引き込まれそうな落とし穴……

  そして、幸か不幸かやる夫には、問題解決のために必要な「御子」としての地位も――
  異世界においては切り札となる、「電気(≒科学)技術」もあった。
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

386 :名無しのやる夫だお:2013/09/07(土) 10:50:00 ID:DMRVvYrA0

         ____
       /     \
      / \   / \
    /  (●)i!i!(●)  \
    |  u , (__人__)    |
    \    .`⌒´    〆ヽ
     /          ヾ_ノ
    /rー、           |
   /,ノヾ ,>         | /
   ヽヽ〆|         .|

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  こうして、ただの電気屋でしかないやる夫は
  異世界の価値観に、真っ向から喧嘩を売る事になる。

  頼れるモノは、地球から召喚された際に
  やる夫のついでのように巻き込まれて来た、工具・電子部品。
  そして、自分が積み上げてきた電気の知識・経験だけである。
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

387 :名無しのやる夫だお:2013/09/07(土) 10:51:00 ID:DMRVvYrA0

          _,, -==ー-、 ̄/                         l
       /.〃 y ⌒ヽ.r、 ヽ{                          l
   u  / ./      '  ヽ ゝ                        /
       | / ,        ノ⌒ヽ           |         /
       |し'| ./`!        ヽ        /        /
       |  `ー'  | /|      ヽ_    _/       ヽ /
       |       `´  ヽ          ̄ ̄T          l'
       |   ,、          、       ヽ、          ノ
  u    \ー' !          ー - 、    丶、__   /
           .\`ー-‐1__         `丶、    /,ィー'´
            ̄ ̄ ̄`丶、         メ __ ノ' /
                  `丶、_.     ヾ/ /
ヽ          u           `丶、  / /
  ヽ                      `ヽ   ヽ_/ /
   \                            /`ヽ、

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  これは、おっかなびっくりながらも
  自分の持ちうる知識と技術で、異世界の価値観に弓を引く
  一人の電気屋の物語である。
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

388 :名無しのやる夫だお:2013/09/07(土) 10:52:00 ID:DMRVvYrA0

二二ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニヽiニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ`i|ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
二ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ| !ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
二二二二ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニj´ |ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
                        ,     ',二ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ} /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
                           ,,..イ       ',二二ニニニニニニニニニニニニニニニニニニノΛニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
       l          _,,,...イ´   |        .',二ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ/〆ニ`ヽ、、ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
       ヽ、ヽ __,,..-t''"´:::::::::::|    l        .',ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ/ !ノニニニニニ`'、ニニニニニニニニニニニニニニニニ
            |  ヽ:::::::::::::ノ   /         ',二二二ニニニニニニニニニニニニニ_/ニ| '、ニニニニニニヽ、ニニニニニニニニニニニニニ
            ヽ、    ̄   /           .',二ニニニニニニニニニニニニニ√ニニニ;!{| lニニニニニニニニヽニニニニニニニニニニニニ
              `                    ',二二ニニニニニニニニニニ/´{ニニニニ;l';;ゝヽニニニニニニニニ|ニニニニニニニニニニニ
                                 ',二二二ニニ、_;;;┬-;'"´;;/ニニニニ;{ニニ| {ニニニニニニニニ{ニニニニニニニニニニニ
                                  ',二ニニ_;;;-‐ー-┘ノニ/ヽ、、ニニ|ニニゝヽ、ニニニニニ`ヽ、ニニニニニニニニ
               ヽ                      lニニニニニニニニ/ニニ|ニニニノニニ;ト、;ニニ`l {ニニニニニニニニ\ニニニニニニニニ
               |                    l二二二ニニノ7′ニニ/ニニニニ;/;;{;ヽニニニ} }ニニニニニニニニニ\_ニニニニニニ
.人                /                  l二二二ニニ/ニニニ;;イニニニニ;′ニ';;Λニニ! |ニニニニニニニニニニニ\ニニニニ
二ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニイ;;ノニニニニニニニニ;|ニニニニ| |ニニニニニニニニニニニニ`lヽ、ニニニニ
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニト;ニニニニニニニニ;;|ニニニニ〉{ニニニニニニニニニニニニニ}ニニニニニニ
二二二ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ|ニニニニニニニニニ;ノニニニニ| |ヽニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
二二ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ!ニニニニニニニニニ{ニニニニ| {ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
二二二二ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ!ニニニニニ} |ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
二二ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ//ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
二二二二ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ{ |ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  【学ぶ系?】やる夫はイカヅチの御子になるようです【異世界召喚】

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

原作無しのオリジナルです。
近日公開!!……する予定はあるかなぁ?

389 :名無しのやる夫だお:2013/09/07(土) 10:53:00 ID:DMRVvYrA0

以上です。
明らかに某スレの影響を受けた物語ですね。

内容的には、学ぶ系と異世界召喚系が
3:7ぐらいの比率になると思います。

それでは、どうもお目汚し失礼しました。

390 :名無しのやる夫だお:2013/09/07(土) 10:54:00 ID:BUYFlMII0
乙でした

子供作ってくれって
異世界人との子供は強いとか何かあるのかな

391 :名無しのやる夫だお:2013/09/07(土) 11:00:32 ID:3x1Pwjhk0
乙です
理系魂くすぐる感じのスレか、いいですねえ

>>390
民俗学だとよく聞く話ですね、旅人などの外部の人に子供作ってもらうことを奨励するのは
似たような感じなのかな、と

392 :名無しのやる夫だお:2013/09/07(土) 11:01:02 ID:PQ6l5F4k0
「多数の子を産ませる」だから、何かの理由でこの世界の男が種なし率が多くなっちゃったのかもね

393 :名無しのやる夫だお:2013/09/07(土) 11:31:08 ID:19E1T7mw0
単に優秀な魔法使いに女が多いだけじゃないの?

394 :名無しのやる夫だお:2013/09/07(土) 11:45:31 ID:IIrlEezs0
乙でした~。
ゼロ魔をちょいハードにしてみましたって感じですな。

395 :名無しのやる夫だお:2013/09/07(土) 13:19:13 ID:86pvMtao0
乙でした。
機械・電気系統の話は疎いので期待しています。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yaruryu.blog.fc2.com/tb.php/50-a018ff26

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。