Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yaruryu.blog.fc2.com/tb.php/494-6a9b06a4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

~予告風~ やらない夫は財団のエージェントだそうです


552 :名無しのやる夫だお:2013/12/24(火) 09:11:52 ID:WD/nhZiI0




   ┏┳┓┳  ┳┳━┓    ┏━┫┏━┫┳━┓    ┳━┓┏━┓┳  ┳ ┳┓┏ ┳━┓┏━┓┏┳┓┳ ┏━┓┳┓┏
    ┃  ┣━┫┣━      ┗━┓┃    ┣━┛    ┣┫  ┣━┫┃  ┃ ┃┃┃ ┃  ┃┣━┫  ┃  ┃ ┃  ┃┃┃┃
    ┻  ┻  ┻┻━┛    ┣━┛┗━┫┻      ┻    ┛  ┗┗━┛ ┛┗┻ ┻━┛┛  ┗  ┻  ┻ ┗━┛┛┗┻

                         Secura(確保)、Contain(収容)、Protect(保護)



                                 ┌──────┐
                                 │SCP財団とは │
                                 └──────┘



.

553 :名無しのやる夫だお:2013/12/24(火) 09:12:19 ID:WD/nhZiI0

┌────────────────────────────────── ┐
│全世界の安全保障において重大な脅威となっているSCPアーティファクト群に対して│
└────────────────────────────────── ┘

                     fゝ
                     ||
                 __||__    fゝ
              λ     ヽ.    ||
 ────────‐r }      ハ.‐, ' || ' ,────────────
          ヽ.   l! .,!         ヤ'''''''''''''''ヾ
              l \ l!/   _,,...  、 |.!     .ハ
          、  !  _/,,ィ'夭=孑-''ズリ        !
            l\l  ヽ           /    ,,... .,, ,!
          l ,iィマl!        _/,.ィ壬=-‐' 寸    SCP-276 - Time Schooner (タイムスクーナー)
:...         ハ !    `!       ''ハ"~       ゙!
: :゙:゙:':.:.:..,.    卞l.    リ  ,. -rヒ"~-゙'''!       ,!    その時代の代表的な船に形が変化しながら、
: : : : : :.:.:;:;:;:,:,,, λヒ,,、 ="‐'''"~       l   _,,.. -,,='     船の存在するあらゆる時代に移動が可能
;:.:.:.: : : : : :.:.: :.:.ャキ、 ゙f''ヽ         _ノ,,.孑‐''"~ λ
'':;;:.::::.:.:.:.:.: : : :.:ヾ.ヽヽヾ7ハ       ゙ム       i
  "''':;;;;;;,:,:, : : : :\゙ヽ〈,'λ _,. ォ''千州、       ノ
       ""''''''::;:.;'.''\ ゙ヾ.'"<,_ ィ゙ォ州;=゙! ,,.,,ッャ゙
          ""''':゙\ 、゙'' ,_`ケ卅三"三彡ヘ、,,,,,......  _--‐'゙,,ェェェェュ
                 ~"`''<,''<二_'---〉ゝ≡≡三云孑'"¨~/
                  `''<_ `"""_,二仄 ̄  }゙  ,/
                      ̄ ~~ -'゙     /_,..ィ´
                                   ̄

┌──────────────────────────────────────  ┐
│情報を収集し、できる限り安全に収容することを目的の一つとして設立された秘密組織である│
└──────────────────────────────────────  ┘

554 :名無しのやる夫だお:2013/12/24(火) 09:12:44 ID:WD/nhZiI0

          ┌────────────────────────────┐
          │その設立目的から世界中の主要な政府から公的な権限を与えられ │
          └────────────────────────────┘

                       ___
                    ///:::::::\
                ∠∠/.:.:.:.:.::.:.:.:.:\
                    / //.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.::|
               / //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|     SCP-895 - Camera Disruption (カメラディスラプション)
                 / //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:::.:|
                ./ //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  肉眼で見ても何の影響もないが、カメラなどの電子機器越しに見ると
            ./ //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/    距離に応じて不穏な幻覚が映り、5m以内で撮影するとほぼ確実に
           ../ //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/     精神障害を起こす棺
          ./ //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
         ../ //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
         ./ //.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
        .\ ̄\::::::::::/
          ヽ  ヽ/
             ̄

555 :名無しのやる夫だお:2013/12/24(火) 09:13:04 ID:WD/nhZiI0

          ┌───────────────────────────── ┐
          │あらゆる『危険なアイテム』(人間含)を収容する任務を委任されている│
          └───────────────────────────── ┘

    ! .!   .|  │  ̄.|.ヽ    !  .}     .|   ./.!   | `'j
    / │  |   .!  ..| . |   r'´ ./     .|   | 7'  ! .!
    ヽ  |  ヽ  ヽ   .| |  l'.! r'´  ,_/‐ !   l /   ./ |
     ヽ ヽ   !,.-、 !  | . >‐ll/  !   . |   / ─i ! l /'/ │
     ヽ ヽ, 、_.| .|/   .|     /  , / .|   ヽ |'´ ヽ' ,/, -、 l
      |` 冫.!/<.!   |     .‐' ´   |   ..! ‐'  | ̄l/ / ̄
      |   '‐/     .|            |    .|   |.... ̄
      |   |      |           |    .|   |      SCP-237 - Modern-Day Pygmalion (現代のピュグマリオン)
     ,-|┬ー-|-___   .|    , -‐-、   |   . _| -- | 、__
     〔--'ヽ、   /''' 、 | ._ /´    l_, -| /|    , ト、\  外見は一般的な日本人男性だが、彼がフルスクラッチで製作した
         ` ー‐'/   ヽ,/─‐〃   `ッヽ-‐‐'´      フィギュアは彼の唇に触れるとホムンクルスとして活動を開始する
              ヽ、_ ,/=、__,〃‐-/゛
                ヽ---゙i'´---ノ              それらはユニット237として一部の職員の活動の補佐をしている
                '、---|-- 、/
                 !   |  l
                 !  ○  l
                   r、<ニ>-┐
               .lヽ─| |─ン.!
                  ! \| |r'´  .!
               !   ヽ, |   .!
               !   | |   .!

556 :名無しのやる夫だお:2013/12/24(火) 09:13:32 ID:WD/nhZiI0

        ┌───────────────  ┐
        │そこで働く人々には様々な種類がいる│
        └───────────────  ┘

             ,.,_,..,__,..、.,_,.、-- 、_
      __rf^r‐(`Y´! ! | /Tー 、  \
  rtヘ´l'´! i、! l i | l ! l | ,!   Y    !
=ニ⊥⊥」..,|__l__i」,.=!-'-'┴t__l_j__   |    l             SCP-682 - Hard-to-Destroy Reptile (不死身の爬虫類)
                   `y i、 ,.,_`ヽ、
                  _,.」⊥! `;、';  ',`</丁>、     生体に対して害を持つありとあらゆるものに耐性があり、
                 rくミ、i l>イ ',   '、 ',  `ヽ、/彡、    驚異的な再生力を持ち、体の87%を破壊しても活動でき、
               ,rくヽヽ/',  ',  '、 ;    \ノヽ    どのような環境の変化にも姿を変化させて対応する、
              ,イミヾ,、」 ; '.  '   ;  '.     V彡ァ、  史上最強の爬虫類
             _rく_ミ_/  ! ', ;  '.   : .'      |三ツ`ーュ
           /ノ/ r /   |      , ′ ;、     ト-┤ヽミ、
           ーし'_ノ v′イ`ー‐--、_    -′    i |  `´ ̄
                 仆、l-‐ァ‐,´ _r='´).‐-'-、  ヽL..,,___
               ノミミ、ノ j′  Vメ-' `ー-,!、  /イLトv'イメr三、
             t='ミミ<く,.__    _,.ノ:::,ノ:::_,.、i  l├トLlレイメl三ニt
            ー='ー'´(..,,、 ,i_-‐'rtfッ'´フ,. ':::::l   ├‐' ´ ̄`、!彡ミl、
                  > /'"'   /:::::::::ノ  ノ      ト, ツ,、`≧
                 /  /   rt'´:::::_,∠=-'´       レ、」 l_弋´
                 j L/=-‐'´ ,.、 '´
                 !tハ , _,.、-‐'´
                 `ー´

557 :名無しのやる夫だお:2013/12/24(火) 09:13:54 ID:WD/nhZiI0

    ┌──────────────────────────────  ┐
    │それこそ単なる施設の清掃員からO5と呼ばれる最高権限を持つものまで│
    └──────────────────────────────  ┘


  丶  `Y゙  ,rシ’{{,,______,,,,....__( ̄廴仄)⌒介く..》⌒ーヘんクヾ ;(フ: :(フヾ.: ; ; ;、
    \,,_ ‐-rシ’  ゙ー----rr─( ̄廴x<⌒)ゝーヘ__)ヾ.: ;ゞ;;::ヾ(フ(フ ; ;ゞヾ.: ; ;ヾ: : :丶、.: . ..
     {=  ー彳      (⌒(⌒フ(  )べー(⌒)んJ.: \\ヾヾ:: ;ゞ;;ぃつ; ;ヾ.: ; ;ヾ ; ; :ヽ丶 .. .
    {   ¨入__,,......__,,.<⌒介⌒Y⌒フ(フ<⌒(⌒7ぃ; ; (⌒フ..ゞ;; ;ヾ ; ;ひJヾ  ;ヾ ; ; :ヾヽ: :., ;
     广´   ;;广 ̄て⌒Y⌒7ー<⌒フ《 f⌒介⌒Y⌒Y⌒ス); ; ゞ:ヾヾ.: ;ゞ;; ;ヾ ; ;、 .: ; ;、 ; ; .
     ノ`¨´  '^.:.;;⌒'く⌒介く⌒)介く__込ノ“ 人ノソ⌒Y介く._,,jj); ; ゞ:ヾヾ.: ;ゞ;; ;ヾ ; ;丶ヾ.: ; ;ヾ ; ; : 、
   /"フ'小`゙`   ミテえrヘ  )んしヘノ  介ーヘr久n,,人んJン    ゞ;; ;ヾ ; ;丶ヾ.: ; ヽ ; ; :ヾ
 /       _,:=ミシ′   `´   `¨´  (丿   从
'’     ー=广¨´_               ん癶)
  ,,_  `ミラ′
  ⌒`ミミシ′             SCP-390-JP - 山桜
 "'ヽ、シ′
'  、シ′             滋賀県のとある神社に存在するヤマザクラ。
 〃                SCP-390-JP-1の咲いているときに範囲内に足を踏み入れると、
 ;′               まるで「桜が散る」がごとくその構造が分解されてしまう
-{

558 :名無しのやる夫だお:2013/12/24(火) 09:14:16 ID:WD/nhZiI0




┌──────────────────────────────────────── ┐
│その中でも今回注目したいのは、SCPオブジェクトの確保に関する様々な実働を担うエキスパート│
└──────────────────────────────────────── ┘



                    ┌──────── ┐
                    │『エージェント』である│
                    └──────── ┘






.

559 :名無しのやる夫だお:2013/12/24(火) 09:14:35 ID:WD/nhZiI0

__

__ __

_________


─────────── … ……

─── ─────────── ─── ──  ─…

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

 :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: ::::
:::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: ::::
 :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: ::::
:::::::::::::::::wwiii::::::::.......  ;;ゝ     ろ::::  :::::::        WwwW'":::::::::::::::::wwiii::::::::.......  ;;ゝ
iiiiiWWWiiii;;;;;;;;::::::::;;;;;;;き´:::y   ろ ≦::: :::iiiiwwiiiiiiiw;;;;;;:::::::......  ゝiiiiiWWWiiii;;;;;;;;::::::::;;;;;;;き´:::y
:::\\ :iレWWW;;;;k'^:::::k Z   ゝ::::::::`Ww、iiii\`WiiiiiWWW;;;;;;;::::き:::\\ :iレWWW;;;;k'^:::::k Z
^'`'|川 :i|/リリ-'`~;;;;: ::Z ミw   ミ:;;;;: iiWwiiiiiiWwili: lノノリリリiiiiiWk'^'`'|川 :i|/リリ-'`~;;;;: ::Z ミw
  |川 :i| wwiiiiw::::::,,r''::::y'ww   w`'^`-|i: :iiレ' .|i: l川|wW-'^"`  |川 :i| wwiiiiw::::::,,r''::::y'ww
  |川 :i|^'w|川k'w^ii/'"´WWW  WW  .|i: :ii|  |i: l川| |:ii|  |川 :i|^'w|川k'w^ii/'"´WWW
  |川 :i|  |川  |l:i|   |i:|    |:|   .|i: :ii|  |i: l川| |:ii|  |川 :i|  |川  |l:i|   |i:|
  |川 :i|  |川  |l:i|`''^`|i:|^`^''^`^`^`''`'|i: :ii|  |i: l川| |:ii|  |川 :i|  |川  |l:i|`''^`|i:|^`^''^`^`
  |川 :i|  |川  |l:i|  ~^~^        |i: :ii|  |i: l川| |:ii|  |川 :i|  |川  |l:i|  ~^~^
  |川 :i|  |川 ''"'''''           !|i: :ii|  |i: l川|`~^~^ !|川 :i|  |川 ''"'''''
  |川 :i| `~~~^.           .  wi゙|i: :ii|  |i: l川| |レ ' .  |川 :i| `~~~^.
  |川 :i|ww  ll        ._    .    `~~~^ !i: l川| .||   |川 :i|ww ll        ._
WWWiii||wW ヽ!l/                  |i: ll川|ii||/WWWiii|W ヽ!l/
         |レ'      wiiWWWiii||wW       |レ'      wiiWWWiii||wW
  wwwiiiiw  .||                      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                          ,,,,,,,  | ・・・それじゃあナズ、探査結果を報告しろ
  ,,,...                Wiii||wW     乂________________ ノ
   wWll||Www

560 :名無しのやる夫だお:2013/12/24(火) 09:14:52 ID:WD/nhZiI0
                    ,. -‐─-..、
     ,. -─- 、         /:::/´ ̄ `':;::',
     ./:/´ ̄`ヽヽ _,,.. --─- 、::|     |:::|
    |::|    ,>'"´ /       \   ./::/
    '、ヽ /  / /      i  , ヽ-‐'/
.     `7   /  _|__ ,ハ ‐,ハ- ハ.  Y´ヽ
      |  .,'   /|_ ./ | /-‐、 |  .!  ハ.        報告するよ
     /  .| ./-‐./   レ' ;'ソヽ∨ /   |
    ∠.,_,,.イ| ./ ;'´ハ     ゝー' |./     !  ,.へ     ここから二時の方向に200mほどいったところに
       |/ レ'ゝゝ‐'      ⊂⊃  .|  人/   \.    山小屋があって、そこから反応がでてる
      / .|ハ⊃          |   /.イ/ \     \
     ./   .|人    `    / / ./    )      \   l   目的のものは確実にあそこだろうね
      .レヘ. /  ,|> 、.,__  イレヘ. / ノヽ /          \/
       ヽ|⌒ヽ/ r‐┴ ''"´ノ/-‐─- 、        __/
         ,. -‐ ''"´TTT"/        \
        /      | |/     i      `ヽ、      ただ、どうやらその山小屋には見張りが二人いるみたいだ
       /  、i    /| |      ∨      _,-、/´ト、    流石に誰もいないなんて間抜けなことはないようだね
      /   ./   //∧ ',.      |      / / / //
    /  ./`ヽ/ //:.:.:ヽヽ    ,ハ__,,.. -/ '  /!
    \/ ヽ`/  .//:.:V.:.:.\\__/∧ rく.,___,. イ、./
    .r/  >、_ソヽ_//:.:.〈 〉:.:.:.:.:. ̄:./ .ヽiヽ.,___,,.ノ ハ
    /`/ ‐'ヽヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l⌒'ァヘ        ノヽ



                                                 , <////1}   ⌒  ,j ハ.////イ/⌒ー-->‐-
       報告ご苦労                                   ノ゙.:.::/〈_/_ ゝ   ,.У//\///////,///////.
  見張りがいるのなら、外から催涙弾をブチ込んで無力化しようか  / /////>).:..  ノ゙  ///////////.....:://////__゚,
                                         く.:.://////  /´   ,/////\//.:::://////////∧
                                        _/ {////;/.:  ,/    //////////イ/////////////,i
                                         /}//////;/.::..  /   ,/////////./ ///////////////|
                                         /::::///////.:.:...   /   ,///////////////////////////|
                                      /:::::{///////∠ヽ_,, ヘ   .///////////′.:::::::::////////////|
                                    {::::://///,/.:.:     イ  ゝ////////////.:{:...::::::′///////////|
                                 /⌒::{ZZZ/.:.:    __  ///////////////}::...://///////////|
                                 >.:::::::::/ ̄.:.:   イ     //////////⌒ヽ///{:.../ /}  ///////_丿

561 :名無しのやる夫だお:2013/12/24(火) 09:15:17 ID:WD/nhZiI0
     ./ ̄ ̄\
     / ./ ̄\  ヽ,_,. -──‐- ..,,,/ ̄ ̄\
      | |    y‐亠、    __/ / ̄ヽ ヽ
     ', '、_,/       ´    \i    .| .|
     ヽ__/             ',___/ ./
      ./    /     ヽ ヽ,   ..i__/
      /  ./ /|   i   |、. ',   |   |
      |   i  |‐ト  |   i」_!   i   |           ああ、私もそれがいいと思うよ
      ,ノィ  |  riテ、 ヽ  /_L__i ` ヽ ',   i
       ! i .| .八'、_ソヽ!∨´ |-':::Y、 .i  〉 ',            相手はどうせド素人だ
      ノ ヾレ i    ,     'ー´ |/レ'   ヽ       ,´ヽ    変に策を練る必要はないだろう
     〈  i  .ハ   、__    ./    i  |  ._    / /
       )ノ!イ  \ `ー'´  ,/   / / /  .| `i  / /    催涙弾なら”アレ”を使う余裕もないんじゃないか?
        \|ヽ)`''r-‐'''<_,. イ  /|/   ノ, ─< {
         ,' ̄\ヘ〉、ィ´フ´ . _, -|/|    .// __ `〉
        ,|:::::::::::::7^| ̄`7 ̄:::::/ . ト、   ./ .〉" _ .{
       / |:::::::::::::i::/::::::/::::::::/  / \  i ヽ´  __ )
      .i |::::::::/`|:::::/-‐''フ   ./    ヽ ', ヽ‐´  /


                                /}  // : :/. : 二ニ{ `マ:ヽ ,.- 、
                             /;:' ,.イ / : : :i : : : :.{¨V  \:Y  /
      __                   `-ュ<ィ</ ,ィ'"´ : : : : ∧ \  ∧ {
      ( `、               _/イr;;;;;/У: :`ヽ、 : : : :i { ' 、  ヽ  `ト、  よし、そうと決まればさっそく準備しようか
  r-、  ヽ ∧、             { : :ノ/〉-{/ : :/ : : : : : :i :〉、 ヽ    ',ハ
  } r-、  〉、 ヽ            `、| :i,';;;;/ : : :/ : : : : : : : ィ:( \ _ヽノ  }:ハ  それにしても今回の仕事も簡単そうで安心したよ
  } }  {_/ {   {、           }λ:|;;;;/ : : /. : : : : : : : : : : ヘ  . : : : :  r)、:
  } }  {r-、 ,'⌒  ',          /:'〈:'|;/ :./ : : : : : : : : : : :V: :.`ヽ : : : : ._// : :
  ヽ}、 .i  { r-、   人ュ、        /:λ',:r :./ : : : : : : : : : : : : : :'、: : : : 〉二ニ/ : : :
   ⌒}、└i 'ト ィ ノノ:.`ヽ、     /. :} : :i : ,' : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ : :{-´ : : : : : :
       ⌒--へ  // : : : : \   r'´`.i : : Y : : : : : : : : : : : : : : : : : : :V : V : : : : : : :
         ',ヽニノ : : : : : : : :ヽ人ミヾ', : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :V : } : : : : : : :

562 :名無しのやる夫だお:2013/12/24(火) 09:15:51 ID:WD/nhZiI0

                 ′‐   /      !
                   〉     ,′    ヽ ,
                /     i    ヽ /|
                  /V/,\ヽ |  \  ∨ |
                    /`ヾ/////!    ヽ |  !     しかし今こそ簡単とはいえ、財団としてあれほどてこずった物を
                 /  ∨///Ⅵi\ヽ  〈  ヽ     俺の手で確保することが出来るんだ
              {    Ⅶ///|il     `ヽ! |
                  |    ∨///|ヽ      丶\
               |   ∨///\         ヽ \
                 |   ∨/////ヘ       \ 〈
                    |    `ヽi丶///\      } }
                  |     ヘ//////\    ∧ ヽ
                \     ///////ヾ ー Ⅳ ヾ !

                  ,  〟  _
               ,  '          '  .
              /                '
.            ,.::'                   ' ,
            /
            ,'                       ',
                   ,' ⌒ 、
         l             、 __ ,'          :
                                l
           ',                          ;
            : ,                      ,.'
          {\ ,      、__人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_ 人
           \_: :'. . .   ) あの『SCP-061 - Auditory Mind Control (音声マインドコントロール)』の複製品をだ!  (
             '  .: :  ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y Y¨

                                 ※SCP-061 - Auditory Mind Control (音声マインドコントロール)

                                   このプログラムから発せられた音声を聞いた人間を
                                   その音声通りに操ることが出来る。


.

563 :名無しのやる夫だお:2013/12/24(火) 09:16:12 ID:WD/nhZiI0

                 _      _
                 /::::::ヽ   /::::::\     f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                .|:::::::::::::',_/::::::::::::::::|    | これほどうれしいことはない・・・
                 \/    .\:::::/     乂____________  ノ
                 /       Y、ヽ
                 ノ       ',  .i ',     そうだね、本当にそう思うよ
               /        iィノ |. i
              くノ ,´    .i.  ', . ノレ'     彼らがいかなる手段でもそのバックアップを
               ゝ、/    ! ノ ノ 〉ゝ      取れていないことはすでに確認済みだ
                 `7 ー亠'´ ̄\
                 |    /   |!      あの山小屋にあるディスクを確保すれば
                 <、__ノ't--ィ-',       この収容違反を解決することが出来る
                  ヽ:::::::::::::|  .i::::i
            .__        'i:::::::::::i   |::〈         けれどもさ…
         ,,-''";;;;"''-.,   ..ト::;;;;;;;〈  .|;;;イ
        ./:::;''´  `ヽ::ヽ   /::;-─- 、 >、‐ァ          f´ ̄ ̄ ̄ ̄  `ヽ
          ゝ'      i::::i /::::ゞ:'´:::):::)/  `          | けれどもさ?
               ';;`''‐--─''´;;''::`:ーt‐'            乂____ ノ
                / ̄"""^~:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ


.

564 :名無しのやる夫だお:2013/12/24(火) 09:16:30 ID:WD/nhZiI0

                               _
                              / _ \
                              | |  ヽ ゝ" ̄ ̄ヽ‐-、     , --────-- 、
                              \,,、 "´ `ヽ -‐、   ゝ-‐、             \
                              /    ´    ヽ/ / ` ヽ                 \
                             /   /       ',  /   |                  \
  そういう格好つけた言葉は        ',l   l  .l i   |   ', 、   ,イ      ───     ──\
   私を肩から降ろしてから        リ | i__|/|,、l l   |  iヽ--'" |                     \
    言ってくれないか?          | |/|/二_リ|/\/斗∨ソ-\ i  |    //:::::::::丶\  ://::::丶丶
                             /´ .i イテハ   イテ=ァ| イ i  |   | {:::::::::::::::::|  |  | {:::::::::::::| |
                      _   /i  ハヘェン   弋ェン/  ト、i/|/    \ヽ:::::::/ /   \ヽ:::::::ノ/
                     / \  //ヽi,ゝ"二ゝ、 ""/l/|/  \         ,/    |      \     ヤダ
                    / / \ ヽl \/ `'_,ゝ-、ゝ</      ヽ        |     |     |
                   / /   〉/ゝ-‐'  i´    | || ,'      /         |     |     |
   ヤダって・・・        | | ⊂´/. ' ヽ、_/|     | || ,'     /|        \__/\__/
    全くご主人は・・・     i |   〈  `、 _ /|     |、||   , イ  |          ヽ  , ─ 、 ノ '
                    |   `ヽ-‐" /|    .|∧-‐ "〈 |   |                       /
                    |        イ |    l.∨__イ. |   |                     )
                     |      / ,`i |     .|、 ̄´   'i、.l   |                      l
                     \     / レ/ .|   .|/、\/   ' ,   |                      )
                   \  \_ 〈 /  |   |/|  /    ' , ヽ、                  /
                   _ ,>‐.´_` イ \  |__|i/ //\    i  ゝ、              /
                   〈_| ̄ ̄  ゞ |、 .| {   .} i i/` i\ i/ i ゝ-‐、           く
                   ヽ,      // /、__{    }〈ゝ/ ̄\∨_ヽ\_/、__"`つ          ヽ

565 :名無しのやる夫だお:2013/12/24(火) 09:16:59 ID:WD/nhZiI0

                        ,     |
                           ,,..イ       |
       l          _,,,...イ´   |     |
       ヽ、ヽ __,,..-t''"´:::::::::::|    l     |
            |  ヽ:::::::::::::ノ   /      .|    まあまあ、そんなことどうでもいいからさっさと準備を始めるぞ!
            ヽ、    ̄   /        |
              `               |      ナズはあとでたっぷりかわいがってやるから!
                             |
                               |     f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
               ヽ             |     | なっ・・・?! そんなことしなくていいんだぞ?!
               |             |      乂___________________  ノ
.人                /             |



            x.-‐- .、         x--- 、   `
.          〃:Y´了アヽ.       ,.:´::::/⌒;ハ
           i::::{  .> ´  ̄` '´ ̄ ``く  .j::}                 えっとガスマスクはどこに入れたかな・・・>
           {::: >'´                ヽ、ノ
           ,ゞ'              、    く     / ̄ヽ   _   .
.         /   /         ヽ、  、 ヽ ./   /   (  )
 o ゚    //   //    ィ   / ,イ ヾ   ヽ_∨  _/     ̄     た、頼むから人の話を聞いてくれ!
        /   ィ/   ,イ /,|__/|_/仁二二二 -ーく´ O . -―‐- 、         というかここから降ろせーーー!!
        / // !  / |/`//三-´──‐、 |   ヾ、/, -―- 、:\
    , ィー、/_/_l__l|/三ミ  _,. 、  ̄7フ ̄!__|ム、____>:/       ヽ::':.
.  //´~ `7─ァ─十ァ'´/ f´   ヽ ///!_ 二!    l::!       '.::i
  /  !   / /  < <.l´  ヽ、   ! , イヽ__ノ_, ィーく_j ィ' 7       1:|
. /  |   / ,ィ7ィヘ_ゝ`ー-┬t 、=、´7 / !::::: /::: `ヽ::::::ヾ 7   _f廴ノ j_
/  ./   //    ヾ、/ `ヽiー=弍ニく_:::ノ::::::::::::::::「j:::Y    「ヽ辷__,.ツ
ヽ_/            ヽ-─弋::ー:::‐`、〉:::::::::::::::: rォ :::/     ヽ .__,.ノ
                    ヽ :::::::::::::::::::::::::::くィ::メ、
                      \::::r‐ァ:::::::_,∠ ┌──────────────────────────  ┐
                       ` ー─ ´     │ エージェント ・ 美筆とその補佐であるユニット237-A-1 ”ナズ” │
                                 └──────────────────────────  ┘

566 :名無しのやる夫だお:2013/12/24(火) 09:17:24 ID:WD/nhZiI0


┌────────────────────────────────────────── ┐
│彼らはその才能をもってして次々と新しい、もしくは収容から抜け出したSCPオブジェクトを確保していく│
└────────────────────────────────────────── ┘

                         ,..-‐‐..-、
                       ./:::::::::::::::::::へ             ___
                       ./::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ          /::::::::::ヽ
                    /:::::::::::::::::/`ヽ:::::::::::::ヘ-‐二=‐──./::::::::::::::::::::ヽ   ほらほら、ここがええんか? >
                    |:::::::::::::::/    ヽ_::-‐´ ̄       ヾ::::::::>、::::::::ヘ
                    |::::::::::ベ    ./             ``ヽ ヘ:::::::::'.
                 __ヽ::::::::::ヘ  ./      ,、 , !、 i、 ,、     ヽ ノ:::::::::i      やめろ~~~~~
                /::::::/::::\:::::::::`ン       .|ヾ弋ニ--、.i!ヘ 、    ヾ::::::::ノ     そこは弱いんだ~~~~~
                /:::::::::::i!:::::::::::::`‐、::/      .ヽ、|  `  ̄`゙` ,'‐- 、    ,ニ、'
       ____..-::´:::::::::::::::/:::::::::::::::::::r'        三三ニz、      ̄ ̄/   ヽ `゙
     / ,--, つ i!::::::::::::::::::::::i!:::::::::::::::::::ヘ      、__,、ヘ       ミz、 i     iヘ ,  /   ※かわいがられている最中
 ,---‐´_/ .r'  ./ノ::::::::::::::::::::ヘ::::::::::::::::::::/`ー'ー-,=-、'、 ` """"     ``/    ノ∠//
  ̄ ̄´    !_ <::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::{     i´  `i_/`ー- 、_ ,   """"ヽ_ ,. /  ,イ
         `‐`ー───´ ̄ ̄ ̄ ̄´`ー─‐ヽ_ノノー─-、./____ _ノ `"二ニ‐ノ
                                            `ー‐゙  ´


             ┌───────────────────────  ┐
             │しかし、恐ろしいのはSCPオブジェクトだけではなかった!│
             └───────────────────────  ┘

567 :名無しのやる夫だお:2013/12/24(火) 09:17:42 ID:WD/nhZiI0

                   >'´  ヽ、/         \  \
                    /    ハ7/~\           ヽ   \
                ,イ     /w∨''"´`\          ヽ    、
                   /      ,           \       ヘ  ハ
               / /     7            ヽ        ヘ  !
               /イ!     7           ヘ        ∧ |
                  〃 .|     i \        ,.ィ_,.-t        ∧ i
                  |      i ヾ、\_,;  ヽ_,.ィ=T:__人_!:,      |、ハ!
                  |      ! ``㍉         _|:::`Y´| V    iY.Vハ
                  |    i  '´   ,      ̄ ̄ ̄ i.|   .! ,' ヾ
                  |     |     <           リV  .i'ノ{     お前、もっとブライトに(賢く)なるつもりはないか?
                  |    ト!         __ イ     从 j   i
                  Ⅵ∨ 八    -  ' ´       _,イ ─‐-、.i_
                   ∨.|  ヽ、          _,.イ      ヘ T
                       Ⅵ   >-t   Tニニテ         i j__
                        |::i i::T:::::ノ i:::, '           7  |
                       >、:.\/__/イ          / ̄::ーy
                       7 ̄!: :.7{ ̄/::/            /: : : : : /ヾY
                  ,.x<':.,- ト、!:::::/: : /         ,イ-、: : : ー:{ tヘ{
                 _/: :/´    ヽヽ.-=.|         /: : :ヘ: : :ニ=:.ノ``ヽ
                 i:|: :{     }   i  ヽ     ./: : : : : : |: : :r'´
                 l:|: :j    ,.y< ̄ ̄ ̄``ヽイ_ ∨: : : : : i: : ノ   ┏───────────  ┓
                 |:',:7    7   i           V: : :i: :.iイ    │ドクター ・ ジャック ・ ブライト│
                 7: 人___,/{               i: : : |:.ノ      ┗───────────  ┛
                 /: : : ヽ、   \             イ: : : j'

568 :名無しのやる夫だお:2013/12/24(火) 09:18:03 ID:WD/nhZiI0



            / ̄ ̄\
           /   _,.ノ  ヽ、_
           |    ( ●) (●)
          |    (___人__)
           .| U   ` ⌒´ノ        遠慮しときます
           |        |
            .|、       _r十、           というかあなたそれ言うの禁止じゃなかったですっけ?
             [::.ヽ、  __rく_} _i .}
     _, 、-一 :::"\ :::::::::} _i _l _i .}                f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
   / .:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::} _l i_ i. {:.. ヽ__                | 禁じられてるのは俺が乗り移る予定のDクラスだけにだね
  / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} _jノ`~゛ t:::::/:::::..\ __         乂_______________________ ノ
  .i :::::::::::::::::、.::::::::::::::::::::::::::::} ゙i  -‐.i.,-‐、::::::::::::::.. \_
  i ::::::::::::::::::: i:::::::::::::::::::::::::::i   ヽ ⌒,; ‐'::::::::::::::::::::::::.. `::...、        あっそうですか
  l ::::::::::::j:::::: i:::::::::::::::::::::_ノソ    } /:::i:::::/::/::::::::::::::::::::::.. `ヽ
  l ::::::::/::::::::::::::::::::::::::/.:::゙i::\__ rl ´::::: i::´::::::::::::::::::::::::::/::::::::: l
  l :::::/::::::::::::ソ:::::::,/::::::::::::::::::::ー,´:::::::: l>ーーー-、r-‐:'::::´::::::: l



.

569 :名無しのやる夫だお:2013/12/24(火) 09:18:39 ID:WD/nhZiI0
          ____
        /      \
       /□─□──┐ \
      /        Y  Y|
     | ▼        |   | |
     |_人_       \/" \
      \_       ”    \
         |"    ””       \
         |               \
         |                 |
         \  |               |
           |\ |     /         |
          | \|    / /         |
          | |/|   |  |          |
          | |||  |  |          |_/ ̄ ̄/  )))
         /   | \|  |   \        |\___/
        (((__|  (((___|-(( ̄ ̄     _/  テクテクテク
                     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ,. -─‐-..、 .//
       ./:::/´ ̄`';:::∨/      , -─- 、
        、:::、   ノ:::ノ──- 、.,/:; '´ ̄ヽ::':,
        ヽ;>‐‐<    -─</     |::::|
       / /       、  \  .ノ:;ノ
      / ./ /   ハ   ハ    Y´ Y´
     </   |/ |-‐ / .| / __|    |   |        なんで財団の図書館に犬がいるんだ?!
    ∠、  /ァ'7゙ハ..u レ' | _ハ  ノ '、 八         管理人は一体どこにいるんだい?!
       ヽ. 八弋_ソ    7´,ハ`Y\  ) ヽ.
    _.ノ 7⊃  '    弋_ソ 人 )イ   ハ       f´犬 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
    \.  人   l7 ̄`ヽ.u ⊂⊃ |    | ノ      |   私が管理人のケイン パトス クロウですが・・・
     ヽ.,__ >,、   ノ /   /  ,   /´        乂___________________  ノ
        )イ r`こアて´|∠イ  /|/   , -─ 、
       // ∨´ヽ[]--‐< ̄`''<    / / ̄ヽ. ヽ   い、いいい犬が喋ったーーーーーー???!!
     ./⌒ヽ r|  ∧        \  し'   |  |
     /  、ソく   /::::':、        、_,>、   / /     f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  `ヽ
    rヘァ、`イ、/ \./|::::::/\      / \./  //       | あなたが喋るのも十分驚きに値することですよ?
    |//二ノ ヽ|:::::::∧':::::::::\__/   `</, -‐/)    乂___________________  ノ
   //     ./、::::::∨:::::::::::::::::::::;:\        ̄ヽ' /
     ┌───────────────────────────────── ┐
     │この1人と1つはどうやって常識はずれな財団職員たちと付き合っていくのか?  │
     └───────────────────────────────── ┘

570 :名無しのやる夫だお:2013/12/24(火) 09:19:10 ID:WD/nhZiI0


            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)
     (⌒) (⌒)     (__人__)
      ,Y'´ ̄`ヾ.      ` ⌒´ノ      SCPオブジェクトを確保するのと
     ノく ,ノ ノハ ))ゝ       }       職員の相手するのとで費やす精神が同じくらいなのについて
     (ハ> ゚ ヮ゚ノ>         }
  /⌒ヽ<-〈i.. jヽ〉  ヽ、.,__ __ノ        < 諦めた方がいいと思うよ
   ウ   <∩しし∩〉\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_      うん、知ってた
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::

                              ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                              ┃ やらない夫は財団のエージェントだそうです  ┃
                              ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                         公開予定:本家SCPwikiの翻訳作業が1000まで全部終わったら

571 :名無しのやる夫だお:2013/12/24(火) 09:21:23 ID:WD/nhZiI0
以上です
SCP-237を読んでからした妄想にAAを張り付けただけです
みんなもSCPwikiを読めばいいと思うの(ステマ)

スレ汚し失礼しました

572 :名無しのやる夫だお:2013/12/24(火) 12:15:42 ID:7B1wkAGg0
こんなにほんわかしてないんだよなあ

573 :名無しのやる夫だお:2013/12/24(火) 13:37:29 ID:MkdPewlA0
■■博士により、SCP-■■を使ってこの嘘予告のスレを立てさせるという提言がなされました
現在検討中です

乙でした。SCPいいよね。シェアードワールドで、こういう感じで無限の物語を産む土壌がある

574 :名無しのやる夫だお:2013/12/24(火) 15:42:56 ID:4bGCpVd60
キチガイ多すぎだしなw
一瞬、別のゲームかと勘違いしたわw

575 :名無しのやる夫だお:2013/12/24(火) 22:31:28 ID:vHI380wc0
処置モントーク-110 (ボソッ
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yaruryu.blog.fc2.com/tb.php/494-6a9b06a4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。