Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yaruryu.blog.fc2.com/tb.php/148-ecbd6d73

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

~宣言~ やらない夫は彼女と出会うようです。


594 :名無しのやる夫だお:2013/09/17(火) 23:52:24 ID:y/NDlAVY0


       o       ο              。
                             ゚  °        O
 O                                     。
       ◯           o       °。                   o
                            o
            ゚      ゜。                ◯
   。            ゚          °               。°。
           O          °。
              o    ο        。 °     o
    ο                                 O
         。°                    。 ゜           ゚゜ o
          o       ゜
                              O     。
                        ◯           ゚°
   ゜          o                ο             O
                                        o
         ゚ 。          O

595 :名無しのやる夫だお:2013/09/17(火) 23:53:34 ID:y/NDlAVY0



           / ̄ ̄\
           /ヽ_    ヽ
           (ー).     |
          (__)      |
          (        |     あー、寒い寒い。  
              l     /
            二 F二二\    すっかり体が冷えちまっただろ。
            { /:::::::::::::::::::\
            | /::::::::::::::、::::::::::\
           l/:::::::::::::::::::\:::::::::\
            ○:::::::::::::::::::::::\:::::::::ヽ
            |::::::::::::::::::::::::::| {_三三}
              ○::::::::::::::::::::::|. /  /
            |::::::::::::::::::::::〈. /  /
               ○:::::::::::::::::::::\  /
            L:::_::::::::::::::::::::〉´
               回二二 ̄ ̄|ノ

┌────────────────────────────────────┐
│1995年3月。進学校への入学が決まった俺は気まぐれに外を歩いていたんだ。  ......│
└────────────────────────────────────┘

596 :名無しのやる夫だお:2013/09/17(火) 23:54:40 ID:y/NDlAVY0


         ヽ 三三.,.. -─────── -- 、 三三三三三三三三
          > ':::::::::::::::::: ` 、::::::::::::::::::::::::::::::::::` 、三三三三三三三:
         , ':::::::::::::, ::::::::::::::::::: \::::::::::::::::ヽ:::::::::::::: ヽ 三三三三三三
          /:::::::::,::::::l::::ト、:::::::::::::::::::\ ::::::::::: !::::::::::::::::: \ 三三三三三
       /::::::::::::l::::::ヽ::\\::::::::::ヾヽヽ _:::::::|::::::::::::::::::::::::ヽ 三三三三三
       ':::/::::::::ノ:::人:::\:\ ヽ-‐:::ハ!´ ヽ :: l:::::::::::::::::::::::::::::∨三三三三
       |::l!:::::::/::::|, -‐、'l ヽ-ゝ ゝォ=、=ァ:::ノ::::::::::::::::::::::::::::::::∨..三三
       |::ハ::::/:イ::|_,.= 、\     r:::ハリ イ::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ 三 /
       ゞ! V/::::ハ! ハリ!       ゝ- ' j/!イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|,,/
        /へ:::::l:|  -'            /|:::::::::::::::::::::::::::::::::::: l
      /  l:::ヽ:::ヽ ヽ            / ':::::::::::::::,:::::::::::::::::: ノ
         ヽ:::::トー`   _ _         /:::::::::::::::/:::::::::::::::::,
          ):::ヘ     -         /:/::::::/:::/:::::::::::::::/
          /::!:::::ハ.              /:/::::::ハ:::::::::::::::::, ´
          /::ィ::::::::::ヽ..          /:/:::::/ ノ:/!::l::ハ::/
         ,ノ/|::::::::::::!::!へ _ _    レ''!::/ ,/|リハリ '
            |:::::ハ::::::ハ     |     |/  __│
.              l:::::ヽヾ`'       |  _.. ィ ´    ヽ _    _
            ヽ::_ゝ      r'レ ´           _`>'_ハr_ァ
                   rァ======ォ     /ァ_ノ:.:.:.:.:.ヽ
                  /ィ!|    //     /ノー' :.:.:.:.:.:.:.::.:.::\
┌─────────────────────────────────────────┐
│すると、ショートカットのかわいいというよりは可憐という表現のほうがしっくりくるような女性が   ....│
│雪をただじっと眺めていた。                                            │
└─────────────────────────────────────────┘

597 :名無しのやる夫だお:2013/09/17(火) 23:55:53 ID:y/NDlAVY0



             / ̄ ̄\ー-、 _r‐- 、
           __ノ ヽ、,_  \.   7;:::::::::\__
           (●)(● )    |  〃:::::::::::::::::::` ''‐-、_
           (__人___)    |‐≦イ::.::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、
               |` ⌒´     |  └‐-、__::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   雪をながめるのがすきなんですか?
            |        |       `ヽ.::::::::::::::::::::::::::}
            ヽ      .イ     __,. -<丶、.:::::::::::::::::/
           __「ヽー'ーー"/7一^V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r´
     _, 、 -― ''":::\::: ̄ ̄:::::/::::::::::::.、::::::::::::::::::::::::::::::::::/
    /;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::./
   丿;;;:::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::_r'´
   i ;;;;;:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::_、-'゙´
  /;;;;;::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!/
  l ;;;;;::::::::::::::::::|;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l′
┌────────────────────────────────────────┐
│その姿があまりにも絵になっていたのでつい俺はバカみたいなことを聞いてしまった。       │
└────────────────────────────────────────┘

598 :名無しのやる夫だお:2013/09/17(火) 23:57:20 ID:y/NDlAVY0


 \  /    |   ||  ト    \          ',
   Y      |   / /l ヽ   | \    \         |
    ′     ,′ / / ! |\ 、  \ ,. -‐ i\―-|   |  |
   |       /  /_/__', 、 \\ へ、  |  ヽ |   |  |
   |    _, / イ/ /―  \ヽ  \\ ィ>=ミ=ハ |  /  |
   |     / //イ ̄卞ミ  \    〃i _ィ:::y } ∧|  /  |
    !   //rセ {_ イ:::}」}     \    ヾ  ノ,.  / /  |
   i  /  \ ` 丈_ノ      ヽ     ̄`  / /   ′
   /  \   \" ̄       i〉       / |     ,′
     '.   \   \                      / /  /
     '.    ` ー一        _           イ /  /
      ヽ     \           ´         / //  /
      \  \ \            /  /' / /′
        \  \  > ,._     ,. ' |ノ ヽ / /
         \ ┌:/lヽ/ `ヽー   /    Уく
          _\/ノ'"    / }  /    /   \
            ∧_/\    {   /               \__f⌒ヽ
         / r‐' ( >' ,二.rく ―‐、           <⌒ヽ丿  └┐
           | / Y´  イ /トく ̄\\         ___) /n_厂
┌────────────────────────┐
│すると彼女は少し驚いたような目でこちらを見た後、  ......│
└────────────────────────┘

600 :名無しのやる夫だお:2013/09/17(火) 23:58:24 ID:y/NDlAVY0


: : :/: : : ://: :/: : :/: :/ ><三三三三三三三三三三
: :/: : : ://: :/: :_:/:∠._/:/..|: :ハ:>:<三三三三三三三
:/: : : ://: :/: : :/   /:/\..|:/ :|: :i: : : |:><三三三三
: : : :://: :/: :∠_ /:/   .||  |:::|: : : |: : : : |:><三三
: : :://: :/: / ̄ ̄ミミヾ   .八 |:::ト:.:.:.:|: : : : |: : :|: : :>.、
: :://: イ::/    /  ゛ミ、 ./|:j  ヽハ: _|: : : : |: : :|: : |: : ::
:://://: /    i     i ij     Vト、: : ::|: : :|: : |: : ::
::/://i:/              |     Vハ\:|: : :|: : i: : ::
イ:ハ lj              ,=ミ;、 ij :i:: : i: :从: /: : ::
:i:乂 :l                 ヾ/ |:: ::|:/: : /:/: ::/
:/∧ `     _     '        /` ,:リ: 小:.:./:/: ::/
从.∧      `ヽ            斗:/: : /:/: ::/
人 ∧          ''         //: /: : /:イ: ::/
   ∧              /: /: /:/::/: /: :/
   :::::ヽ.._ ___ _ _  ィ:/: : /: /:/: : ::/: :/
\  ::::::::::::::/i  |: :/ |: : :/: _//: : /: /:/: ::〃|::/
  `i  ::::::::/Vk  |:/ _.|: :/: ::/:.::彳:/:/: :/ .|j
==ミ、/ ::i   |;,  V::ィ: : ::// ./:/::/  /
 ̄ ̄/∧∨》::\ |  /  |:.:. // ./:/:/   _/
┌──────────────────────┐
│これ以上ないというくらい、女性的な微笑をうかべた │
└──────────────────────┘

605 :名無しのやる夫だお:2013/09/18(水) 00:29:41 ID:N2Ngu49c0










        3月の雪の終わり
                俺は、彼女に出会った。

606 :名無しのやる夫だお:2013/09/18(水) 00:30:37 ID:N2Ngu49c0










           原作:空の境界

607 :名無しのやる夫だお:2013/09/18(水) 00:31:32 ID:N2Ngu49c0






╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃                                              ┃
┃         やらない夫は彼女と出会うようです。           ┃
┃                                              ┃
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

608 :名無しのやる夫だお:2013/09/18(水) 00:32:54 ID:N2Ngu49c0
中途半端なところで切ってしまって申し訳ありませんでした。
構成がくっそ難しくて泣いているところですが、頑張っていきたいと思います。

609 :名無しのやる夫だお:2013/09/18(水) 01:08:54 ID:Uo2akrYs0
乙でしたー
式役は蒼の子か!
あとトリップつけたほうがいいんじゃない?



宣言後に投下まで時間が空く作品は、トリップをつけることを私もお薦めいたします。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yaruryu.blog.fc2.com/tb.php/148-ecbd6d73

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。